お問い合わせ お客様の声 サイトマップ
RSS

 

PADIダイブ・マスター

ダイブマスター・コース PADI

PADI ダイブマスター・コース

プロのダイビングリーダー認定です、稲取マリンスポーツセンターは東伊豆唯一のコースディレクター常駐ダイブセンターですので堅実にプロフェッショナルとしてのスタートラインに立つことが可能です。 ダイブマスターの中にはダイビングガイドとして働く方や、自分のステップアップの目標地点として仕事にしないまでもダイビングを深く知りたいといった理由で受講される方が多くいらっしゃいます。トレーニング内容も充実!知識内容も豊富なコースです。またトレーニングを追加することで、体験ダイビングの一部分を担当することも可能になります。(※賠償責任保険などへの加入必須) PADI ダイビング スクール1.知識開発モジュール(自習、クラスルーム、ON LINE )PADI ダイビング スクール 伊豆 中野 ・e-Learning修了またはナレッジリビューの提出(9項目) ・エグザム(75%の正解) e-Learningの場合は一部免除となります。 ・緊急アシストプランの作成
2.水中スキルとスタミナ・モジュールPADI ダイブマスター ・400m水泳(タイム測定) ・15分間立ち泳ぎ ・800mスノーケル・スイム (タイム測定) ・100m疲労ダイバー曳航 (タイム測定) ・器材交換(バディブリージングしながら全ての器材をバディで交換) ・レスキュー評価 ・水中意識不明ダイバー・水面器材脱装・水面レスキュー呼吸(ポケットマスク使用)・陸上への引き上げ ・24種類のスキル評価(点数による合否判定) 講習中の全てのダイビングにおいて中性浮力やフィンワークなどダイビングスキルを確認しています。

3.実践スキルとワークショップダイブマスター・コース ・器材セッティングと管理 ・水中地図作成 ・ブリーフィング ・サーチ&リカバリーのシナリオ ・ディープダイビングのシナリオ ・Reactivateプログラム ・スキンダイバーコースとスノーケリングの監督 ・DSDプログラム(限定とオプション海洋) ・ディスカバーローカルダイビング ・オープン・ウォーター・ダイバー・コースアシスト(限定と海洋) ・継続教育ダイバーのアシスタント ・認定ダイバー管理

ダイブマスターコース必要教材 ダイブマスター クルーパック PADI ダイブマスター認定のためにはクルーパックの購入が必要となります。 教材をご購入の際はご注意願います インストラクターマニュアル ダイブマスターマニュアル エンサイクロペディア(百科事典) エデュケーションログ(プロ) ダイブマスタースレートセット(4枚組) ダイビングナレッジワークブック eRDP ML DSDインストラクター用キューカード PADIプロバッグ ホログラムデカール(緑) RDPテーブル
[caption id="attachment_715" align="aligncenter" width="630"]スクール 料金 プロコース料金はこちらです![/caption]
PADI ダイビングスクールへ質問ですPADI ダイビングスクールに予約

お気軽にお電話ください 東京店 03-3389-7047