お問い合わせ お客様の声 サイトマップ

 

PADIスキンダイバー

PADI ダイビング スキューバ ライセンス 伊豆 中野 スクール  

スノーケリングよりももっと海を体感するするためのスキルアップコースです

 タンクを背負わず、マスク・フィンなど軽器材だけで潜水します。 オープンウォーターダイバーコースでも必修となっているスキンダイビングですが、このコースはより一層スキンダイビングを探求するためのコースになっています。 「素潜り」とも言われ、ダイビングのための本格的技術を身につけたい方から、水中世界を気軽に楽しみたい方まで楽しむことができます! PADI ダイビング ライセンス
  • ドルフィンスイム・・・・イルカになりたい!
  • スクーバダイビングの時、ヘッドファーストでスマートにもぐってみたい
  • ドリフトダイビングに挑戦したい!
  • フィンワークをスムーズに効率よくしたい!
  • タンクを背負わずに海中世界を堪能したい!
  • スノーケリングじゃ物足りない!もっと水中に潜って、もっと魚に近づきたい!と思っている方
  • もっと流れの強いところでダイビングしてみたいとお考えの方
  • エアを長持ちさせたいとお考えの方
  • たくましいダイバーになりたい!!とお考えの方
  • ステップアップコースだけじゃ物足りないと思っている方
  • ダイビングをスポーツとしていきたいとお考えの方
PADIスキン・ダイバー・コース

 PADIスキン・ダイバー・コース

PADI スキン・ダイバー・コース
参加前条件:年齢8歳以上
最低日数  : 半日間
実技内容  : 限定水域1回
【必要器材】 3点セット・ダイビングスーツ・BCD・ブーツ・グローブ ※BCDはスキンダイバーコースの必須器材となっております、使用しないコースは正式なPADIプログラムではありません。 
スキンダイバーコース認定の為の条件は以下の通りになります。
 達成できない場合Cカードの発行はできません。
1. 手助けなしに、スキン・ダイビング器材の組み立て、調整、準備、装着、取り外しを行なう。
2. バディとプレダイブ・セーフティ・チェックを行なう。
3. 状況に合った方法を使って、適切なエントリーとエキジットをデモンストレーションする。
4. 水面で適正ウエイトに調整する。(必要に応じて、ウエイト・システムを使う。)
5. 水を飲まない様に気道をコントロールしながらスノーケルで呼吸する。
6. 水面でBCDにオーラルで空気を入れた後、完全に空気を抜く。
7. 水面では、常にバディから3メートルの範囲内にいる。
8. 足がつかない深さの場所で、スノーケルを使って泳ぐ。
9. 足がつかない深さの場所で、水面から垂直にヘッドファーストで潜る。
10. ひと呼吸で水中を15m以上泳ぐ。
11. 周囲を確かめながら上を向いて、片手を上に伸ばして浮上する。
12. 水面から顔を上げずにブラスト法でスノーケルをクリアし、スノーケルで呼吸を再開する。
13. 浮上し、水面に出たら水から顔を上げずにスノーケルをクリアする。ディスプレイスメント法やブラスト法を使う。
14. スノーケリングしながら方向をコントロールして、水面と水中を泳ぐ。
15. ウエイトベルトを装着している場合は、足がつかない深さで取り外した後、再び装着する。
16. 水面と水中で、ハンド・シグナルを使ってコミュニケーションする。
PADI ダイビング ライセンス スクールPADI ダイビング ライセンス スクール