マイギアを手に入れた

学生の頃、冬はスキー!スキーの為に黒い猫の配達センターで深夜のアルバイトをしていました、時給がよかったから、2年ほど年末年始に働かせていただいたかな?でも、学生時代の僕は、運が悪かったのでしょう、やめていいよとクビになりました。たまたまふざけていた瞬間を正社員の方に見咎められてしまったのです、勤務終わって明け方の冬の寒さに立ち向かいながらバイクで通勤していたんですけど、残念です。

男友達4人で上達したいがためにスキー場に行く回数を増やそうとウェアをバッグに入れて持っていくと4人乗れないコンパクトカーだったので、車にスキーウェア&ブーツを着て乗り込み(運転者は靴を用意)足しげく通いました。

ウェアも当時はデモパン、ピチピチのスキーパンツなんですが今の方はほとんど知らないと思います、ジャケットなどを買いそろえる為にバイトしてました、スキー板も欲しかったしゴーグルだって必要、ストックもブーツも・・・・板とブーツは後回しで始めたんですが自分の板で滑った時には感動しました、一緒にうまくなろうと手入れをした記憶があります。

スクーバダイビングを始めたときはOWD講習の時にインストラクターになるって思ったことと、実は講習中パニックになって悔しくて悔しくてうまくなりたくて、認定後すぐに一式揃えました、ドライスーツが欲しかったのですが「インストラクターになるならまず1年間上達のためにウェットで潜りなさい」といった時代&当時体育会系潜水団体所属インストラクターの説得で1年間ウェットで潜りました、今そんなこと言うインストラクターほとんどいないんだろうな、俺も言わないし。

素朴に思うのですがダイビングのレンタル器材は「特殊」だと思います。

・マウスピース
・裸足で着用する靴
・粘膜系に密着
・顔に装着
・身体全体に密着

なので、やはり・・・・せめて肌に触れる部分で自分の許容範囲でマイギアをそろえるのがよいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です