参加時の健康チェック

稲取マリンスポーツセンターのスタッフは医療や薬の専門家ではないので、どうしても控え目な判断、つまりダイビングを中止するという判断をせざるをえません。

来店後に発覚した場合、とっても重い空気になります、辛いです本当に、せっかく来て頂いたにもかかわらずダイビングを楽しめないなんて、ひどい話です、悲しすぎます。

でも、こちらの記事からの引用ですが、

潜水事故を起こしたダイバーの60%が何らかのお薬を服用していて、そのうちの実に80%が酔い止めなんです。」というデータもあります。
引用元:株式会社オーシャナ 2013年4月 https://oceana.ne.jp/medical/36988

なので、ま、いっか!で進める事が出来ません、多くの喜びや感動を得る為のスクーバダイビングが最悪の事態を招くなんて絶対に避けなくてはいけないと思います。

今一度、我々スタッフが再認識することも含め、ブログでお知らせ致します。

参加前に確認頂き、該当がある場合は石の署名入りの診断書をお持ちいただき、さらに

当日の体調チェックをおこなっています!!

以下の内容を当日確認させていただきます、該当がある場合はダイビング活動への参加はできません


薬の服用をしている(処方箋がありダイビングを許可する医師の診断書を持参いただくことで潜水は可能です)、
活動中に服用が発覚した場合はダイビングを中止いたします。
がある。
過労または体のだるさがある。
・昨夜の睡眠は不十分である。
食欲がない場合。
・過去12時間以内に飲酒された方→飲酒による体調不良がある。
・下痢、脱水がある場合。
・身体のどこかに痛みがある場合。
・手足のしびれがある。
・めまいがある。
・耳、鼻、副鼻腔に閉塞感がある。
・前回のダイビングの疲れは残っている。
・ダイビングをする意欲が不十分。

となっています、貴重な休日であることも、大切なお金を使って来て頂いていることは充分理解しているつもりです、でも大切な身体を傷つけるのは絶対に避けなくてはいけないと思います。

スクーバダイビングの感動を多くのリスクを負って、無理をして行う事だけは絶対にやめましょう。

稲取マリンスポーツセンター

お得なキャンペーンは開催中です

最大1万円割引平昌オリンピックキャンペーンこちら

ウェットスーツ&ドライスーツキャンペーンコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です