稲取産門松

ダイビングスクール

ダイビングスタッフの基本はマルチタスク!!ということで・・・・ホテルのスタッフさんに「なんでもつくってまう」師匠がいます、その方のサポートで地産地消ともいえる稲取産門松造りが昨日から始まりました、ま、スタート遅いですね、これはいつものこと?
さて人生初の電動のこぎりの古川君、真剣です。
円を切りぬけとの指示が飛びました、軍手使ってほしいところです・・・。

無事に切り抜けたようです、元気玉になった?
いえいえ、門松でしょ?

これは土台になります。

少し変わった門松をイメージしています、ここで門松を作っているときがつくことはないでしょうね、きっと。
合計8枚を切りぬき!これで彼も電動ノコ達人になりました、今度切ってほしいものがあったら気軽に声をかけてくださいとのことです。

ダイビングスクール

装飾は五江渕が担当します、手先が器用なんです、器材のメンテナンスも細かいことがあり戸惑うときには、彼の目を見つめると黙ってやってくれます、細かいメンテナンスで困ったら皆さん、五江渕の目を見つめてください。

最終形態がどうなるかは是非、店頭で確認してくださいね。

この作業中に同時進行したデスク用門松をご覧ください。

ちなみに樋口は「まつぼっくり加工と飾り付け係」でした。
赤みを加えたいところですが、これは梅の開花を待つことにしますかね。

皆さんも慌ただしくなっているかもしれません、明日が仕事納め?でしょうか、もう一息ですね。
平成最後の年末!楽しく過ごしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です