Waterproof Bag 2L
Waterproof Bag 2L

大は小を兼ねる、ことわざです。
大きいものは小さいものとして使用することができるけど小さければ大きいものとしては使えない、考えると至極当然です。
でも、地引網で白魚は取れない、なんてことわざもありますよ、何事もちょうどいいのがよいのかもしれません。
え、何が言いたいかって?
以下をお読みください(注:かなり無理があります)。

これから紹介するウォータープルーフバッグを持つ利点。

1.濡らしたくないものを濡らさない
海辺では濡れて当たり前、濡らしたくないものは海辺に持っていかないのが最善かもしれませんが、スマートフォンで撮影したい、今後ハウジングを購入する為に陸上でカメラの操作を習得したいからカメラを常に持ち運びたい、最近何かと肩身の狭い思いをする喫煙者の方、車のカギを肌身離したくない方、自動販売機で減圧症予防の水分補給飲料をゲットをしたいから千円札を持っていきたい方、メガネをかけている方、サングラスをしまいたい方、海辺でちょっとお菓子をつまみたい、そんなみなさんの熱い願いにこたえるためにこのバッグはあります。
2.隙を見せても大丈夫
防水機能がないものを海辺に持っていくと何かと気を使います。
はい、後悔先に立たずですよね、濡れてはいけないものを濡らしてしまわないように気を張っていても誰にでも隙はあるものです、備えあれば憂いなしで安心できます。
3.雨男や雨女と一緒にダイビングを楽しめるし30%心配を減らせます
うん、無理があるね。
でもあるバディは「二人揃うと絶対雨が降る」という降水確率を格段に上げてしまうようなダイバーの方もいらっしゃいます、そんなダイバーの方がいるダイビングポイントも少なくありません。
またあまり気にされることもないかもしれませんが過去の天気を振り返ってみると静岡県は年間100日程度雨が降るそうです、そうおよそ3日に1度、ざっくり30%、やはり備えあれば・・・なのです。
4.スタッフが優しくなる
うちのスタッフは自然体なので通常業務中の笑顔は「素」だと思っています。
でも稲取マリンスポーツセンターロゴマークを持っていただけるダイバーの方にスタッフがさらに優しくならないわけがありません、いつも以上の笑顔に出会いたい、本気の営業スマイルを見ることができます、これ貴重ですよね。
誤解しないでください、お持ちになられないからといって冷たくはなりません、冷酷なのはプロコース中の某コースディレクターだけです、ご安心ください。

太陽が3日に一回隠れているし、濡らしてはいけないものをリラックスしてダイビングに集中してもらいたい、さらに営業スマイルとナチュラル笑顔両方を見比べてみて欲しい、そんな想いで・・・・

海辺で便利なダイバーのマストアイテムのWaterproof Bag をつくりました。
容量は2Lと物足りない?と思われる方もいるかもしれませんが前述したとおりスマホやちょっとした小物などを収納しておくのに便利です、ちょうどよく、何かと濡れることが多い海辺での活動に役立つアイテムです(前振りを無理やりここにつなげます)。

容量 2L
サイズ28.5×18cm
重量 78g
素材 高強度防水ラミネート生地

このバッグのちっちゃな好感度
一般的なウォータープルーフバッグ同様にロールして水の浸入を防ぐタイプですがこの部分に小さなフックがついています、これ結構使い勝手いいですよ。


ご購入はコチラから
NOW ON SALE

クリックで公式ショップへ

DIVER限定宿泊プランはコチラ

SPA・RESORT竜宮の使い

開催予告:3月2日ダイバーズパーティー
in 伊豆店

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です