ファンダイブ 稲取マリンスポーツセンター

緊急時に使用できないと意味がない!

トラブル時に対処できなダイバーが多いといわれます。

ダイビングのトラブル、イメージでは水中が多そうですが意外に多いのが水面なのです。
そして、水面でトラブルに遭遇したダイバーの多くは浮力確保ができていないというデータがあります。

自分の浮力をチェックしよう

ダイバーは水面以外では常に中性浮力が理想です、水面においてはプラス浮力を得ることが重要です。
水面でBCDからエアを抜き、通常の呼吸で沈むことのないウェイト量が良いとされる適正ウェイト量の目安です。

沈めねーよ!!

多くの方が、実際のダイビングではちょっと重めに設定されいることが多いです。
まず、避けていただきたいことがあります。
沈めない=ウェイトを増やす
この公式は絶対に避けるべきです。

まずは、原因を探る

沈めない原因をきちんと把握しましょう
・ドライスーツやBCDにエアが残っている?
・水面が苦手で呼吸を整えることができない。
・自分で気がついていないけどフィンが動いてしまっている。

そして対処

原因が判明すれば解決方法が見えます、原因を確認しない、対処しないで思考停止のまま安易にウェイトを増やすことは絶対に避けたいです。

鉛のブロックが一般的なウェイト玉

まさか4kg!!

あるダイバーの方が常時6kgのウェイト量でダイビングをしていました。
ある日ふと、減らしてみようと思い立ち4kgにしました、何の問題もなくダイビングができます、、、、まさかと思いさらに減らしました、最終的には2kg、つまり常時4kgもオーバーウェイトでダイビングをされていたわけです。エア消費量が驚くほど減りました、4kgの負荷がなくなったのですから当然と言えば当然ですね。

そして、水面での必須スキル

エマージェンシーウェイトドロップ

水面でウェイトを捨てて浮力を得るためのスキルです、オープンウォーターダイバーコースで習得します。
トラブル時に自分のウェイトベルトやBCD内蔵式のウェイトシステムを捨てて、水面で浮くためのスキルです。
このスキル、簡単ではありますがとっても重要なスキルです。

マイウェイトベルト検討しませんか?

写真のようにポケットにウェイト玉を収納できるタイプが便利ですが、シンプルなベルトでもマイベルトをお勧めします。
毎回長さの調節などに戸惑うのであれば自分のベルトがお勧めです、また使いなれたものであれば緊急時にもスムーズに操作できるので、万が一の時も安心ですね。

トラブル対応力を高めておこう

ダイビングを楽しむために上達することは不可欠です。
上達しないと楽しくない、といえるほどです。
また、日常とはかけ離れた環境でのレジャーですのでトラブルに対する備えも多く身につけておいたほうが絶対に楽しめます。

早すぎるなんてことはない

稲取マリンスポーツセンターではオープンウォーターダイバーから参加できるレスキュープログラムを開催しています
オープンウォーターダイバーコースで習得する多くのサバイバルスキルを忘れないでほしい、少しでも早く「安全」スキルを身につけてほしい、そんな願いから開催しています。

是非お気軽にスタッフまでご相談ください!!

ダイバーだからできる

毎月恒例のクリーンナップ活動、今月は6月13日

軽量BCD OUTLAW 詳細はこちらから

稲取恒例?SALE準備中