PADI インストラクター

内容は盛りだくさんのコース

本日もダイブマスターコースが着々と進行しています、候補生の方のみならず、サポートしてくださっているダイバーの皆さん引き続き頑張ってください。

ダイブマスターコースに挑んでみませんか?

やるべきこと

  • 「 PADI ダイブマスター・マニュアル」またはダイブマスター・オンラインのナレッジリビューを含めて知識開発セクションを修了し、ダイブマスター・ファイナル・エグザムに合格する。
  • 指定されたダイビング・ポイントの緊急アシストプランを作成する。
  • 水中スキル 開発 を修了する 。
  • ダイバー・レスキュー評価を修了する。
  • ダイブスキル・ワークショップと評価を修了する 。
  • 実践応用スキルを修了する。
  • ダイブマスターが実施できるプログラムのワークショップを修了する。
  • 実践評価を修了する。
  • プロフェッショナリズムの基準を満たす。

上にあげた項目はかなり、まとめて書いてあります、実際の講習では多くの実施内容があります。

ちょっとハードルが高い?

ダイブマスターになるとPADIプロメンバーの一員となります、賠償責任保険に加入して水中ガイドやスキンダイバー養成などを開催できるようになります。
その為、受講を悩む方はその責任を負うことに躊躇される方もいらっしゃいます。

現在、責任の範囲を限定したダイブマスターのトレーニングプログラムを受講できるコースも準備中です、ご自身のステップアップを検討中のダイバーの方は、情報提供までもう少々お待ちください

海洋環境保護

ダイブマスターコースではダイビング環境への意識も学びます。

そんなダイブマスターの方にぜひ参加いただきたいのが、毎月1回開催している海中清掃です。

参加前条件は??

ダイバー参加前条件
• アドヴァンスダイバー認定およびレスキューダイバー認定があること。
• 18歳以上
• ログに記録されたダイブ本数40本
• 過去24ヶ月以内にEFRトレーニングを修了しているか同等のトレーニングを証明すること
• 医師による健康診断を受け、ダイビング許可を得ている(医師の署名入りダイバーメディカルの提出)

潜水本数が足りない方は?

稲取マリンスポーツセンターでは潜水本数のサポートを実施しています、ダイブマスター、インストラクターを目指し、当店で受講をされる場合はコース参加及び認定に必要な潜水本数を達成するまでお得にサポートしています、詳しくはお問い合わせください。

いよいよ今年もあとわずかです、よい新年を迎えられるようダイバーの皆様はくれぐれも安全潜水を!

稲取マリンスポーツセンターは年末年始も休まず営業しています。

GOPROウェブ説明会を常時開催中

 プロコースは受講に関してわかりにくいところが多い?
そんなこと思っていませんか。
 なぜなら受講される方のこれまでのダイビング経歴により必要な教材や講習が変化するからなのです。
当店ではダイブマスターコースを熟知したコースディレクターマスターインストラクターIDCスタッフインストラクターが皆様の疑問にお答えします。

ZOOMを使用してご希望される方に説明会を行います、ログブック、Cカードをお手元にご用意ください。
質問やご予約はLINEまたはこちらからお気軽にどうぞ!

  • 講習内容に関して
  • 参加前条件の確認
  • 講習費用に関して
  • 必要教材の確認
  • 必要なワークショップ内容
  • 質疑応答などなど

LINEもご利用いただけます

レスキューキャンペーン

冬のアドヴァンスキャンペーン

ツアー
カレンダー

レスキューキャンペーン

冬のアドヴァンスキャンペーン

ツアー
カレンダー