PADI フルフェイスマスク SPコースインストラクターガイド

PADI フルフェイスマスク SPコースインストラクターガイド

商品番号:70247J
インストラクター特別価格あります
¥4,200(税込)
数量
  • 商品詳細説明

現在のダイビング・スタイルでポピュラーになりつつある器材のひとつがこのフルフェイス・マスクです。
いろいろなメーカーから様々なタイプが発売されており、コースの中ではタイプの違いとそれぞれの基本的な使用方法およびメーカーからの特別情報を元に認定されるようなカリキュラムになっています。
知識開発の他に最小限のウォーターセッションは限定水域1回、オープンウォーター2回の合計3回が必要条件となっております。
新たな器材の使用によるダイビングの奥行きをダイバーの方々に知っていただき楽しんでいただくには、うってつけのSPではないでしょうか。

【コース規準概要】
● インストラクター前条件
PADIオープン・ウォーター・スクーバ・インストラクター以上のティーチング・ステータスのインストラクター。PADIコース・ディレクターが実施するスペシャルティ・インストラクター・トレーニング・コースを修了するか、経験の証明をPADIに直接提出することによって、このフルフェイス・マスク・スペシャルティ・インストラクター資格を申請することができる。
● 生徒ダイバー参加前条件
PADIオープン・ウォーター・ダイバーであること、またはPADIオープン・ウォーター・ダイバー・コース受講過程中であるという証明(または参加受入資格を満たす他団体の認定)。
12歳以上
● 監督と人数比
限定水域ダイブ
生徒ダイバーは、限定水域フルフェイス・マスク・トレーニング・セッションの修了が必須である。この限定水域セッションは、本スペシャルティ・コースの第一回のオープンウォーター・ダイブを実施するよりも前に必ず修了させておくこと。限定水域セッション中、スペシャルティ・インストラクターは直接監督を行なう。限定水域セッションの最大水中人数比は、インストラクター1名につき生徒ダイバー8名 (1:8)、認定アシスタント1名につき生徒ダイバー4名を追加することができる(1:4)。
オープンウォーター・ダイブ
ティーチング・ステータスを有するPADIフルフェイス・マスク・ダイバー・スペシャルティ・インストラクターは、全項目に参加、管理し、確実にすべての達成条件を満たすようにする。スペシャルティ・インストラクターは、生徒ダイバーがスキルをデモンストレーションしている間は、オープンウォーター・ダイブを直接監督する。
オープンウォーター・ダイブでの最大人数比は、インストラクター1名につき生徒ダイバー8名(1:8)、認定アシスタント1名につき生徒ダイバー4名を追加することができる (1:4)。

● 深度
推奨深度: 6~12 メートル、最大: 18 メートル
● 時間
PADIフルフェイス・マスク・ダイバー・スペシャルティ・コースでは、1回の限定水域トレーニング・セッションと2回のオープンウォーター・ダイブで構成され、1日で実施してもよい。ダイブは日中に実施し、推奨時間は10時間。
● 教材と器材
必須

PADI フルフェイス・マスク・ダイバー・スペシャルティ・ダイバー・コース・インストラクター・ガイド(インストラクターのみ)
PADIインストラクター・マニュアル、一般規準と手続きガイドに記載されているインストラクターおよび生徒ダイバー器材。
標準マスク ― 生徒ダイバーがフルフェイス・マスクを利用する場合でも、緊急ガスの状況において予備空気源からの呼吸で使用するため、標準マスク(別名:「ハーフ・マスク」もしくは「従来型マスク」)は必要である。トレーニング時にこれらスキルの練習を行なう。スノーケルは、標準(バックアップ)マスクと一緒に使用してもよい。
フルフェイス・マスク ― トレーニング目的のため、目、鼻、口を含む顔全体をカバーするマスクをフルフェイス・マスクとする。フルフェイス・マスクには、ファーストステージとセカンドステージ・レギュレーターが必要である。
予備の空気源 ― すべての生徒ダイバーは、PADIインストラクター・マニュアルの一般規準と手続きセクションに記載されているように、予備の空気源を持っていることが必須。