インストラクター開発コース(IDC)

PADIプロフェッショナルコース専用サイトでお知らせしています。
プロ専用サイトへGO

インストラクター開発コース(IDC)

Instructor Development Course

PADIインストラクターになる為には、
ダイブマスターになってIDCコースを受講する。
PADIアシスタントインストラクター(AI)になってからOWSI(オープンウォータースクーバインストラクター)コースを受講する。
2つのパターンがあります、IDCとはAIコースとOWSIコースを組み合わせたコースです、受講される方の考え方でお選びください、稲取マリンスポーツセンターではどちらの方法でも受講をしていただくことが可能です。
IDCは最低7日間の日程で終了できますが弊社では8日間の日程でゆとりを持ってコースを進めております、もちろんコースがスムーズに進み7日間で終えることも可能ですが受講中に様々な課題が見つかり多くの講習時間が欲しいと考えられる候補生の方が多いので1日ゆとりを持たせていただいています。

参加前条件
・PADIダイブマスター、または他の指導団体でリーダシップ・レベルとして認定されている。
・18歳以上であること(未成年の方は、事前に保護者の許可と署名が必要となります。許可・署名がない場合は、ご参加いただけません)。
・ナイト・ダイビング、ディープ・ダイビング、アンダー・ウォーター・ナビゲーションを含めた、ログに記載されているダイブ経験本数が60本以上であること。
・認定ダイバーになってから6ヶ月以上経っていること。
・過去24ヶ月以内にCPRとファースト・エイドのトレーニングを受けていること。
・医師の署名入り病歴/診断書を提出できる健康な方(IE受験時も必要になります、有効期限は1年です)。
・インストラクター最終試験(IE)参加には100本の潜水が必要です。

コース終了後
・PADI IEの受験資格が得られます。
PADIIEとは2日間で開催されるインストラクター最終試験です、詳しくはこちらをご覧ください。
定アシスタントとしての参加ではありません。アクティブでなくても、見学はしていただけます。
【当センターでの講習を日程内で終えるために、お願いしたいこと】
・学科テスト合格のために、ナレッジワークブックやエンサイクロペディアを活用し復習してのご参加をおススメいたします
・補講に関して達成条件に満たない場合は補講が必要です、プール補講1日20,000円、海洋実習補講1日15,000円となっております。
・レスキュースキルの確認を実施してご参加下さい
・24スキルの評価合格のために、スキル練習を実施して参加されることをおススメいたします
・全ての生徒レベルの教材が最新版であるかどうかをご確認ください。