PADI ディープ ダイバー
PADI ディープ ダイバー

 なぜ?ディープダイビングなのか。

スクーバダイビングにおける世界最高記録深度は332.35m、驚くべき数字です、ある一定の限界を越えようとするのは人間の本能なのでしょうか、ディープダイビングにある達成感はそんな本能を満たしてくれるからなのかもしれません。
無理に深く潜る必要は全くないです、無理に潜るということは最悪の事態に直結します、このディープダイビングスペシャルティコースは自分の限界の範囲内で安全に楽しめる潜水計画を立てることができるようになり、予めリスクを理解することでトラブルの予防ができることを目指しています。

このコースでは安全にディープダイビングを楽しめる知識、スキル、減圧症を予防するためのダイブコンピュータの活用、エア切れなどのトラブルの対処方法を4回のダイビングに分けて行います。

ダイビングには認定ランクによって潜ることができる深度が定められています、私たちレクリエーショナルダイバーの限界最大水深はオープンウォーターダイバーであれば18m、アドヴァンスダイバーでは30mとなっています。

深く行くことは必ずしも必要なことではありません、浅い海でも十分にダイビングの楽しさを感じることはできます。

大切なのは自分の経験とスキル・知識の範囲内でダイビングを楽しむことです。

 PADI ディープダイバー 参加前条件

PADIディープダイバー実習の様子
  • PADIアドベンチャー・ダイバー以上で、15歳以上。
  • 病歴診断書に記入・署名ができ、該当がある場合は医師の診断書をお持ちいただけること。
  • 通常のダイビングスキルに不安がない方。

 PADI ディープ 講習内容

ディープ・ダイバー・スペシャルティ・コース・学科講習に関して:PADIディープダイバーマニュアルを使用します。
マニュアルを見て、2つのセクションの知識の復習を終えてからご参加ください、インストラクターと答えわせを行います。
またダイブコンピュータをお持ちの場合講習時に取扱説明書もお持ちください。

・海洋実習に関して
4回のダイビングを行うので2日で終えることが可能です、スケジュールはご相談ください。
ダイブプラン、ナビゲーション、エア切れ対処方法、バックアップ空気源の使用方法、緊急減圧のシュミレーションなどを4回に分けて実施していきます。

ダイブコンピューターは必需品です。

空気のダイビングでも最重要といえるアイテムです。ダイブコンピュータの設定を行い自分が潜水可能な水深を知らずに潜ることは命綱なしの綱渡りのようなものかもしれません、ダイブコンピュータを持たないダイバーはリスクを見て見ぬふりをしているのか、リスクを伝えられていないのか、ダイブコンピュータで自分の潜水を管理することは実は当たり前のことです。
弊社では最新のダイブコンピュータのモニターも可能です、お気軽にスタッフにお申し付け下さい。