PADI エンリッチド エア・ダイバー

エンリッチド エア ?

エンリッチドエアとは空気よりも酸素割合を多くしたガスのことです、これを活用することによってノンストップ時間を延長することが可能になりますし酸素欠乏のリスクを減らすことができます。

反面、酸素濃度が高いため最大深度に制限が発生したり特有のリスクも知っておかなくてはいけません。
現在多くの場所でエンリッチドエアが使用されていますが特に飛行機を使って行かなくてはならない海外でのダイビングなどには有効であるといえます。

エンリッチドエアは講習を終えていないと利用できないため、取得されておくべき認定と言えます、またダイビングは必須ではないのでクラスルームのみで取得が可能になっています、東京店でも開催可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

都内で取得するエンリッチドエアSP

海に出かけなくてもエンリッチドエア認定を東京店で取得することが可能です、自宅学習教材またはeLearningを終えて東京店で実技の部分と最終確認、テストを実施しています、詳しくは東京店スタッフまで。
もちろんエンリッチドエアを用いたダイビングは伊豆店で常時受付中です!

エンリッチ(EANx)を取得しておこう

PADI エンリッチドエアダイバー 参加資格

・PADIオープン・ウォーター・ダイバー 以上 またはPADIジュニア・オープン・ウォーター・ダイバー以上で、12歳以上。

  • 飛行機を使ってダイビングに行く予定がある。
  • カメラをじっくり使ってダイビングをしたい。
  • 減圧症のリスクを減少したい。
  • 高濃度の酸素で楽にダイビングしたい。
  • ダイブコンピュータの機能を活用したい。
    そんなダイバーの皆さんにお勧めのスペシャルティコースです。

エンリッチ(EANx)コース内容

学科講習に関して:PADIエンリッチドエアーマニュアルとDVDまたはeLearningでの講習が可能です。
教材の場合はDVDとマニュアルを見て、2つのセクションの知識の復習を終えてからご参加ください、インストラクターと答えわせを行い、ファイナルエグザム(最終学科試験)は75%以上の得点で合格となります。
eLearningの場合はインターネット環境で講習のほとんどの部分を終えることが可能です、詳しくは東京、伊豆の各店舗にお問い合わせください。
またダイブコンピュータをお持ちの場合講習時に取扱説明書もお持ちください。

・実習に関して
エンリッチド・エア・ダイバー・スペシャルティ・コース自分で使用するシリンダーの酸素濃度を測定しダイブコンピューターをセッティングする方法を学びます。
最大水深等の確認ができるようになりエンリッチドエアを活用する方法を学びます。
ダイビングはオプションとなっておりますので東京店で認定を得ることができますし実際の潜水を行いたいダイバーの方は伊豆店にて承ります。

PADI エンリッチド エア・ダイバー マニュアル
PADI エンリッチド エア・ダイバー DVD
PADI エンリッチド エア・ダイバー 酸素アナライザー

ダイブコンピューターは必需品です。

空気のダイビングでも最重要といえるアイテムですが、エンリッチドエアを用いて行うダイビングではダイブコンピュータが欠かせません。ダイブコンピュータの設定を行い自分が潜水可能な水深を知らずに潜ることは命綱なしの綱渡りのようなものかもしれません。
弊社では細心のダイブコンピュータのモニターも可能です、お気軽にスタッフにお申し付け下さい。