PADI レック(沈船)・ダイバー

沈船の周囲を楽しむコースです、日本国内にも多くの沈船が沈んでいますが、伊豆半島の場合3か所とかなり限られます、それぞれに特徴があり冒険気分を楽しめるコースです。

ディープダイビングになりますので、ダイブコンピュータはもちろん水中ライトも必要になります。

レック(沈船)・ダイバー

◆参加認定: PADIアドベンチャー・ダイバー以上で、15歳以上、他団体認定の受講可能です。
◆最低日数: 2日間
◆実技内容: 海洋潜水4回
◆お 願 い:ご自身のエアマネージメントに責任を持ち、ログブックで適正ウェイトなどを確認しておいてください。水深が深くなります、弊社独自基準でアドヴァンス認定以上のダイバーとさせていただいております。
◆使用器材:SMBまたはDSMB、水中ライト、水中ノート
◆使用教材:PADIアドヴァンスマニュアル、該当箇所のセルフスタディを終えてご参加ください。
※PADIダイビングコースでは実技受講の前に病歴診断書を提出をご提出いただいております、病歴診断書に該当がある場合はお医者様の診断書が必要になります。

◆海底の沈船にドラマを感じる・・・。
◆少し変わった場所でのダイビングをしたいと思っている。
◆ディープダイビングが好き。

ダイバーの皆さんの想いを実現するサポートは当店のインストラクターにお任せください。

レック(沈船)・ダイバーコース内容

レック(沈船)・ダイバー スペシャルティには4回の潜水を行う必要があります。

  • 沈船の周囲を泳ぎ観察する
  • 沈船の様々な場所を確認しスケッチする
  • 沈船の周囲でラインと水中ライトをスムーズに取扱う
  • ダイブプランを立てて連句ダイビングを行い、安全の範囲内で浮上するetc

安全性向上のために余裕をもったダイブプランニングを立ててください、またエンリッチドエアを用いるなどしさらなる余裕を持つことも有効です。
スクーバダイビングを安全楽しむためには正しい知識を実際の海洋で応用できることが非常に重要になります。

PADI レック(沈船)・ダイバー コース必要器材
PADI レック(沈船)・ダイバー コース必要器材

その他のスペシャルティコース

ダイブコンピューターは必需品です。

空気のダイビングでも最重要といえるアイテムですが、エンリッチドエアを用いて行うダイビングではダイブコンピュータが欠かせません。ダイブコンピュータの設定を行い自分が潜水可能な水深を知らずに潜ることは命綱なしの綱渡りのようなものかもしれません。
弊社では細心のダイブコンピュータのモニターも可能です、お気軽にスタッフにお申し付け下さい。