伊豆ダイビングカレッジ株式会社

ダイビングライセンス Cカードの種類

LINEで質問 お問い合わせ

 

種類が豊富なCカード

ダイビングライセンス(Cカード)の種類

 ダイビングスクールはたくさんあるし、ダイビングライセンスも何種類もあるようだし、PADI,SSI,NAUI,CMAS,SNSI、、、Cカード、ダイビングライセンス、ダイビング免許、、、車の免許のように国際免許などがあるの、、、。
 これから始めようと考えられているダイバー候補生の方は疑問がたくさんあるのではないでしょうか。

 こちらではそんな、ダイビングライセンスのなぜ?を解決できたらと思って作成しました。

 これからダイビングを始められる方に役立つように頑張ってみます、お時間のある時にでもお読みください。

目次

    Cカードってなんですか?

     CカードとはCertificationカード、Certificationとは認証という意味です。
    スクーバ(スキューバ)ダイビングに参加する場合に必要な知識とスキルを身につけたことが認められるとカードが発行されます、様々な呼び方でダイビングライセンス、ダイビング免許などと呼ばれています。
     ダイビングライセンスと呼ばれますが国家資格ではありません、モータースポーツのライセンスも同じように国家資格ではないのですが国際A級ライセンスなどと呼ばれているので、一般的にはダイビングライセンスと呼ばれることが多いです。
     スクーバダイバー=Cカード所有者ということです、このCカードを取得しておくと世界中のダイビングスポットでダイビング活動に参加することが可能です、車の免許と違う大きな点は、Cカード(ダイビングライセンス)に国境はありません。

     Cカードは世界中の海で最高の想い出を残せる海へのパスポートです!

     参考までに日本では潜水士いう国家資格があります、この資格は筆記試験だけで取得できるのでスクーバダイビングの知識とスキルを証明することはできません、スクーバダイビング活動に参加するにはこのCカードは必ず必要になります。

    ダイバーの特権?ドルフィンダイビング

    Cカードの種類

    指導団体による違い

    国内でも多くの団体があります。

     日本にはCカード協議会という組織があり、Cカードを発行するダイビング教育機関は、潜水指導団体といわれます、ほとんどこの協議会に参加しています。
     ダイビング教育機関にはPADI,NAUI,SSI,CMASなどがあります。お店やインストラクターはこの潜水指導団体に所属をして活動を行っています。

    活動範囲による違い

    水深、環境などでも必要なカードは変わります

    Cカードには制限があるカードもあります、PADIスクーバダイバーは水深が12mに制限されています、多くの方が取得されるオープンウォーターダイバーは18mとなっていますが大切なことは自分の経験と限界の範囲でスクーバダイビングを楽しむことです。
     レジャーダイバーの限界は40mとなっており、それより深い深度にダイビングをする場合はテクニカル・ダイビングの世界となり、別の覚悟とトレーニングが必要です。
     活動範囲を拡げるために多くの初心者ダイバーがアドバンス、レスキューなどのステップアップコースやスペシャルティダイバーコースを受講し、新たなCカードを取得しています。

     スペシャルティのCカードには、エンリッチドエア・ダイバーがあります、このカードを持っていることで酸素の割合が多いシリンダーを使用してダイビングができます、北欧のダイビングポイントではドライスーツダイバーという認定がないとダイビングに参加できないポイントも存在しています。
     水深18mを超えるポイントの場合はアドバンスダイバー認定が必要になることがほとんどです。

    稲取マリンスポーツセンターのCカード

    シェアNo.1のPADIのプログラムを開催しています。

     当ダイビングスクールのインストラクターはPADIという潜水指導団体に所属し、店舗としてもPADIに加盟をしています。
     多くの指導団体がある中で、プログラムが充実しているなどの理由から世界一のシェアを誇っています。
    稲取マリンスポーツセンターの代表はCMAS,NAUI,SSIなどのインストラクターでもあったため多くの潜水指導団体の長短所を判断し、最終的にPADIを選択し、2004年オープン以来5,700枚以上のCカードを発行、現在に至っています。
     また、稲取マリンスポーツセンターはゴールドカード発行店舗です、これはダイバーに必要な器材・環境・教育・経験をしっかりと提供できるダイビングショップが発行できるカードです。
     特に様々な場所でダイビングを経験したいというダイバーの方は世界中に広がるPADIのネットワークで安心してダイビングを楽しむことができるでしょう。

    Cカード一覧

    これ以外も多くの認定ランクがあります。

     ダイバーのCカードをまとめてみました、スクーバ(スキューバ)ダイビングではないですがスキンダイバーもCカードが発行されます。
     取得したコース、ランクで活動範囲、活動環境を拡げることが可能です、またインストラクターであれば教えることができるコースを増やすこともできます、ご自身の夢と感動の為にランクアップを検討されてはいかがでしょうか。

    はじめが大切

    オープンウォーターダイバーのCカード

     どんなに経験のあるダイバーでもはじめはオープンウォーターダイバーのCカードから始まります。
    このコースは初心者ダイバーになるために必要な基本的なスキル・知識・トラブル対応スキルを身につけます。
     何も知識なくシリンダー(タンク)を背負って海に飛び込むのは危険ですので、eLearningやマニュアルを使って主に自習で知識を学び、足の着くプールで慣れて、足のつかないプールを自由に泳げるようになり、海に潜る方法が通常のコースです。
     特にはじめての方に大切なのはプール講習です、プールでできないことが海でできるということは、ほとんどありません、しっかりとプールで不安を解消してください。

    初心者Cカードを取得したら

    ステップアップをしていこう

     晴れてダイバーになったのであればたくさんダイビング経験を積んで、楽しんでください。Cカードは潮風にあてないと錆びつきます、頑張って取得したダイビングライセンスを使わずにペーパーダイバーになってしまうのは皆さんにとっても勿体ないことであり、私たちインストラクターにとっても悲しいことです。
     稲取マリンスポーツセンターでダイビングライセンスを取得されたダイバーの方に潜り続けるための特典もご用意していますのでお気軽にお問い合わせください。

    アドバンスコースにチャレンジ

    初心者ダイバーを卒業しよう

     多くの方がダイビングを続けるという選択をし、アドバンスコースの受講を検討されます、ダイバーになったときは「上達したい」と熱い気持ちに満ちていることと思います。
     そんなダイバーの方を受け止めるのが「アドバンス・ダイバー・コース」です。
     中性浮力をマスターしたり、身につけたばかりのコンパススキルを使いこなせるように磨きをかけ、18mより深い深度に行くことが可能になるCカードです。
     また、アドバンスコースの内容は選択することもできるので、皆さんが思い描くダイビング感動体験のお手伝いをできるようサポートいたします、インストラクターにご相談ください。

    スペシャルティで磨きをかける

    豊富なPADI スペシャルティ・ダイバー・コース

     すでにご自身の目標が定まっているダイバーの方はスペシャルティ・ダイバー・コースを選ぶのもよいでしょう。特定のダイビングに精通したダイバーであることを認められるCカードです。
     当ダイビングスクールでは20種類以上のコース開催が可能ですので目的達成に役立つスペシャルティ・ダイバーコースをアドバイスさせていただきます。
     稲取マリンスポーツセンターではマスタースクーバダイバーを目指す方をサポートする特典もあるのできっと皆さんのお役に立てます。

    トラブルの際に役立つCカード

    EFRと緊急用酸素プロバイダー

     ダイビングトラブルだけでなく日常生活にも役立つCカード取得コースもあります。
    「EFR エマージェンシーファーストレスポンス」と「EOXエマージェンシーオキシジェンプロバイダー」コースです。
     EFRは胸部圧迫、人工呼吸やAEDに関して学び身につけます、エマージェンシーオキシジェンプロバイダーはオープンウォーターダイバーコースでも学ぶダイビングトラブルの際に有効な酸素供給をマスターするコースです、ダイビングを楽しまれるすべてのダイバーに取得していただきたいCカードです。

    経験を積むと、、、、

    PADI レスキュー・ダイバー・コース

     アドバンスダイバーを終え、経験を積み、気が付くとダイバーとしての「安全志向」の高まりに気が付くことでしょう。
     PADIレスキューダイバーコースでは自分を守るスキル、セルフレスキューの復習を行い、他のダイバーやバディに手を差し伸べ、サポートするスキルを多く学びます。
     これまでに取得してきたCカード講習と大きく異なり、スクール内容も決して楽しいことばかりではありませんがダイビングを安全に楽しむのであればお勧めしたいCカードです。

    プロレベルのCカード

    ここからはプロレベルのお話です

     ダイブマスター以上がプロレベルとなります、プロとはその活動において報酬を得られる立場になるということです。
    この先はこれからダイビングスクールを担当するインストラクター達が取得してきたCカードを知る内容となります。

    PADI ダイブマスター

    プロフェッショナルのはじめの一歩

     ダイブマスターとはインストラクションはできないけど水中ガイド、講習のアシスタントを担当できる、ダイバーにに近い存在のランクです。
     ダイバーの身近なアドバイザーという位置づけのCカードといえます。
     講習日数も最低限必要な日数は決まっていますが、時間をかけて経験を積みながら取得されるダイバーの方も多いです。

     このCカードはレジャーダイバーとしての活動範囲をすべて満たせるといえるかもしれません。

    ダイブマスターコースではオープンウォーターダイバーコース、体験ダイビングなどのアシスタントを経験したり、サーチアンドリカバリーやディープダイビングのおさらいを実施していきます、さらにファンダイビングのガイドのフォローなど講習内容は多岐にわたります、焦らずにじっくりダイブマスターを受講してください。

    また稲取マリンスポーツセンターではダイブマスタ取得後の経験をサポートできます、実際の講習においてインストラクターと相談し、ノウハウを吸収しながらダイブマスターとしての、ダイビングプロとしての経験を積んでください。

    一部のスペシャルティ・ダイバー、体験ダイビングなどの開催もトレーニングを受けることで可能になります、詳細はお問い合わせください。
    インストラクターを目指すことを検討しているダイブマスター候補生の方は、可能な限りIDCスタッフインストラクター以上の元で講習を受けることが望ましいです、IDCを理解したうえでダイブマスターコースを実施してくれることはその後のステップアップもスムーズです。

    アシスタントのCカード

    プロフェッショナルのはじめの一歩

     PADIアシスタントインストラクターコースを受講するということはインストラクター開発コース(PADI IDC)を経験するということになります、教材もIDCと同じなのでIDCへの参加を少し悩んでいる方にもお勧めなCカード取得コースといえます。
     アシスタントインストラクター取得後はダイビングライセンスの学科講習や伊津部のスキルの評価もできるようになります、ダイブマスターでの経験をよりいっそう活かせるコースです。

    アシスタントインストラクターコースはステップアップしたIDCスタッフインストラクター以上が担当します、また講習を開催するショップのランクも一定以上が必要です。

    インストラクターのCカード

    インストラクターのランクについて

    救急救命のCカード

    EFRインストラクター

     このインストラクターCカードはプロレベルのダイバー認定がなくても取得していただくことができます。
     PADIのダイビングインストラクターはこのEFRインストラクターのCカードを取得していないとダイビングコースの開催ができないため全てのダイビングインストラクターが取得しているCカードです。

    OWSIのCカード

    オープンウォータースクーバインストラクター

     このCカードを得るためにはインストラクター開発コース(IDC)を修了し、PADIインストラクター試験に合格する必要があります。
     PADIインストラクターのCカードはダイビングショップで取得することはできないのです、この理由について詳しく知りたい方はスタッフまでお問い合わせください。

     このCカードを取得し、EFRインストラクターの

    アシスタントインストラクターコースはステップアップしたIDCスタッフインストラクターが担当します、また講習を開催するショップのランクも一定以上が必要です。

    インストラクター経験を証明するCカード

    PADI マスタースクーバダイバートレーナー

     OWSI(オープンウォータースクーバインストラクター)を取得し、一定の経験を積み、スペシャルティ・ダイバーコースを複数開催できるインストラクターが取得できるCカードがマスタースクーバダイバートレーナーです。
     アドバンスコースを受講される場合などはマスタースクーバダイバートレーナー以上のランクに担当してもらえるとより安心できることでしょう。

    インストラクターをサポートするCカード

    PADI IDCスタッフインストラクター

     IDCスタッフインストラクターはインストラクター開発コースを担当することができるCカードです。
     このランク以上のインストラクターはすべてのPADIダイビングプログラムに精通しているといえます、取得のためにはダイビングスキルチェック、各プレゼンテーションを再評価されると共に、PADIインストラクター開発コースでインストラクター候補生をサポートするスキルと知識を確認します。
     向上心と熱意のあるインストラクターといえるのではないでしょうか。

    豊富な経験とプログラムの理解

    PADI マスターインストラクター

     日本国内で取得できるインストラクターのCカードでは最高ランクです。
     豊富なダイビングスクールの経験とインストラクター開発を担当できるインストラクターです。

      

    PADIインストラクターの最高ランク

    PADI コースディレクター

      PADIコースディレクターはインストラクターの最高ランクのCカードです。
     日本国内で選抜されたインストラクターと世界中の各国から選抜されたインストラクターが集まり10日間にわたって開催されるCDTC(コースディレクタートレーニングコース)を修了することで取得することができます。

    一生に一度のダイビングライセンス取得

    しっかりと自信をもってCカードを取得してください。

     スクーバ(スキューバ)ダイビングのCカードはプログラムが世界共通です、しかしながら担当するダイビングインストラクターと学ぶ環境で違いはどうしても出てしまうといえます。

     インストラクターのサポート力が足りなければスクールはつらいものになるかもしれませんし、環境が整ってなければトレーニング不足で不安を抱えたままダイビングスクールを終えてしまうかもしれません、そのようなことがないよう稲取マリンスポーツセンターではインストラクターのステップアップを怠らないこと、スクールの環境を整えることに創業以来努めてきました、世界共通のCカードですが悔いの残らないダイバーとしてのスタートを私どもは全力でサポートしてまいります。
     また、ダイビングライセンス取得後もダイビングツアー、ステップアップコース、海中環境保護やプロフェッショナル養成までサポートしています。

     ご不明な点はお気軽にお問い合わせください、そして是非 海でお会いしましょう

    PADI ステップアップチャート

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。