どもども稲取マリンスポーツセンターです。
本日はPADIのウェブセミナーに参加した稲取スタッフ!
題名にもあるようにセルフダイビングを実施する場所が少ないという意見もあったみたい・・・
サイトでいうとバディダイブなどに登録されているスポットではセルフダイビングの実施が可能なポイントとなっているわけですが・・・
ライセンス取得時に必要なコンパススキルやバディでの潜水
当たり前に必要なことをやって自分自身の楽しみ方が何通りもあるダイビングをただただ楽しむ・・・
自由に楽しめるスキルがない!
自信がない!
楽しみ方がわからない!
生物を見つけられない!
いろんな意見があると思いますが
実は稲取スタッフはセルフダイビング大歓迎♪
一昔前にあの生物見せるのが当たり前!
見せられないのはガイドじゃない!
いろんな意見もあるし要望もあるかと思いますが
これだけは言わせてください!

人間が生きていけない世界に遊びに行けるのはダイバーと宇宙飛行士の特権なんです!
・・・無茶苦茶かっこいい

何が言いたいかというと
こういうのはどうですか?
1本目インストラクターのガイドで
2本目はサポートにインストラクターつけてセルフで潜る練習をすればいいんじゃないかな~
そもそも保守的な人種の日本人はセルフをするのに抵抗があると思いますが
自転車の練習と一緒で最初サポートがあってそのあとは自由に行動範囲が広がると思うんです。
ダイビングの世界もこれと同じように安心して遊べるように練習して
安全に自由に楽しめる世界を作っていきたいですね♪

そんな環境に稲取ができるようにロープの修復作業やポイントマップの見やすさを改善していきたいと思います♪

・・・書きたいこと書くだけ書いちゃったのでこれは違う!とか言わないでくださいね笑
五江渕

コース料金に含まれているもの

  • 期間中のフルレンタル費用
  • 学科に必要な講習用教材費
    eLearning、一般教材同一料金
  • プール講習費用
  • 海洋実習費用
  • 各講習に必要な施設利用料
  • PADIカード申請料
  • 知識開発費用
  • 学科テスト費用
  • 器材使用レクチャー
  • 各種書類作成費用

含まれないもの

  • 交通費、宿泊費、飲食代
  • 診断書が必要な場合の作成費用
  • 教材発送費用
  • カードの写真は講習中に無料で撮影させていただきます。

ここがおトク!

  • 提携温泉ホテル宿泊20%OFF
    (キャンペーン期間中です)