Cカードを取得された皆さんは、様々な目的を実現するためにステップアップコースを受講されます、稲取マリンスポーツセンターでは初心者の方から上級者向プロコースまでPADIプログラムのすべてを開催できる数少ないスクールです。
 例えば、もう少し中性浮力をが上手になりたい、バディと二人でダイビングしたいからナビゲーションスキルを磨こう、ボートダイビングメインだからトレーニングしておこう、ナイトダイビングで夜光虫が見てみたい、イルカと泳ぎたい、海外でダイビングを満喫したい、家族や友人にダイビングを伝えたい、バディや他のダイバーに手を差し伸べられるようになりたい・・・・様々な目的の為にステップアップコースはあります。
 他にはダイビングを始めたばかりで、どんなスタイルが楽しいのか悩まれている方、どうなるか分からないけど色々な海で対応できるようステップアップされる方もいらっしゃいます、ダイビングを続けて行くと沢山の夢が見つかるはずです。
 またダイビングプールでのスキルアップトレーニング等は随時開催しております、お気軽にお問い合わせください。
 

「うまくなろう、たのしくなるよ」

コースの画像をクリックしてください、各コースの詳細に進みます。

エマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)

ダイバーでなくても受講しておきたいコースですしダイバーであればまずはこちらのコースを受講されてみてはいかがでしょうか? 心停止など生命にかかわる緊急時のケア(一次ケア)と、即座に生命にかかわらないケガや病気のケア(二次ケア)について学ぶプログラムです。

PADI アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー

ステップアップの「はじめの一歩」といえるアドヴァンスコースはコンパスを活用したナビゲーションダイブと水深18mを越えるディープダイビングが必修ダイブになっています。最短2日間、5ダイブのコースです。

PADI スペシャルティ・コース各種

エンリッチドエア、ディープ、レック(沈船)、ボート、ドライスーツ、デジタルカメラ、サイドマウント、サーチアンドリカバリーなどなど数多くのスペシャルティコースを受講することでより深く学び、スキル向上を図ることができます。

PADIレスキュー・ダイバー・コース

トラブル予防、予測、万が一のトラブル時の対応を学ぶコースです。 セルフレスキュースキルの復習から、バディに手を差し伸べるトレーニング、実際のトラブルを想定したシュミレーショントレーニングを行います。最短2日間で終えることができます。

PADI マスター・スクーバ・ダイバー

レジャーダイバーの最高ランクです。
さまざまなダイビング活動や環境でスキルを磨いて、経験を積んだことを意味するアマチュア最高峰のランクです。 レスキューダイバー認定と5つのPADIスペシャルティ、50本の潜水経験が必要です。

PADI プロ・コース各種

インストラクター開発は限られたインストラクターにしか許されません。ダイビングプロフェッショナルの育成にはダイビングスキル、経験や知識以外にも熱意と情熱などダイビングに対する正しい姿勢が求められます、皆さんが経験を積んでスクーバダイビングの素晴らしさを伝えたい、そんな思いをお持ちであれば是非プロコースをお勧めいたします、クリックでプロ専用サイトにジャンプします。

人気のスペシャルティコース

目指せ!PADI マスター スクーバ ダイバー

マスター スクーバ ダイバー認定条件
• 12歳以上 注意:12〜14歳のダイバーはジュニア・マスター・スクーバ・ダイバー資格を取得できる。
• PADI(ジュニア)アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー、PADI(ジュニア)レスキュー・ダイバー、および5種類のPADIスペシャルティあるいはTecRecコースで認定を受けている。
注意:スペシャルティあるいはTecRec認定はPADIの認定でなければならない。 他の認定は条件を満たさない。フリーダイバー・インストラクター(ベーシックではない)の認定をクレジットすることもできる。
• ログに記録されたダイブ本数50本