PADI ダイビング スキューバ ライセンス 伊豆 中野 スクール

気軽に水中写真を楽しめるデジタルカメラ、このコースは主に初心者の方を対象に撮影する楽しさやデジタルカメラの操作方法、構図のテクニックなどを学ぶと同時に撮影時に環境にダメージを与えないテクニックや水中生物に対する心配りを身につけていきます。

  • 長期休みが取れたので水中撮影を楽しむためにダイビングに出かける。
  • 一眼レフを試してみたい
  • 普段から水中撮影を楽しみたい。
  • どんなデジタルカメラを買おうか迷っている・
  • 見栄えのする写真が撮れるようになりたい。
  • 初めての撮影で分からないことばかり。

コンデジや一眼レフデジタルカメラで本格的に水中写真を楽しんでみませんか?

レンタルカメラに関して

デジタルカメラのレンタルをご利用ください。
コースでもファンダイビングでもご利用頂けます。

コース参加前資格

◆参加認定:PADIオープン・ウォーター・ダイバー 以上 またはPADIジュニア・オープン・ウォーター・ダイバー以上、他団体ダイバーの受講可能です。
◆最低日数: 1日間
◆実技内容: 海洋潜水2回、セルフスタディを終えてご参加ください。
※PADIダイビングコースでは実技受講の前に病歴診断書を提出をご提出いただいております、病歴診断書に該当がある場合はお医者様の診断書が必要になります。

コース用教材

PADI デジタルU/Wフォトグラファーマニュアル&・ホワイトバランススレート

事前に自習を終えてご参加いただけると水中撮影に集中できますね。

水中撮影にお勧めのスペシャルティ

撮影集中の為に必須と言えます
押さえておきたい中性浮力

目指せ!PADI マスター スクーバ ダイバー

PADIマスター・スクーバ・ダイバー

マスター スクーバ ダイバー認定条件
• 12歳以上 注意:12〜14歳のダイバーはジュニア・マスター・スクーバ・ダイバー資格を取得できる。
• PADI(ジュニア)アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー、PADI(ジュニア)レスキュー・ダイバー、および5種類のPADIスペシャルティあるいはTecRecコースで認定を受けている。
注意:スペシャルティあるいはTecRec認定はPADIの認定でなければならない。 他の認定は条件を満たさない。フリーダイバー・インストラクター(ベーシックではない)の認定をクレジットすることもできる。
• ログに記録されたダイブ本数50本

経験を重ねたらプロフェッショナルコース
さらなるスキル向上とバディへのサポート力を補強できます。

ダイブマスター以上がプロフェッショナルレベルのダイバー認定となります。 海という広大なフィールドであなたはこれまでにスクーバダイビングで多くの感動体験をされてきたことと思います、これからダイバーになって海での感動体験のスタートラインに立つダイバー候補生のサポートをしたり、ダイバーの方に海の楽しさ、難しさを伝えられるダイバーになってみませんか。

プロコースに関してはこちらから