ドリフトダイビングを目指すなら取得しておこう!

PADI DSMB はこんな方にお勧め!

  • ダイビングスタイルはボートダイビングがほとんどである。
  • 海外でボートダイビングばかりしているリゾートダイバーだ。
  • ドリフトダイビングの予定がある、またはいつもドリフトダイビングだ。
  • ビーチダイビングメインではあるが活動範囲の広い方。

SMB(Surface Marker Buoy)とはボートダイビングやドリフトダイビングなどで欠かせない緊急用器材です、シグナルチューブ、フロートなどメーカによって呼び名は変わりますが、水面で膨らませて自分の浮上場所を知らせる器材のことです。
SMBの中でも水中で膨らませることができ、浮上前に自分の居場所を知らせることができるものを

DSMB(Delayed Surface Marker Buoy)

と呼んでいます。
気体は浮上と共に膨張する為、DSMBには過膨張防止バルブがついているのが一般的です。このような緊急用器材は使わないことがベストなのですが、万が一の際に使い方がわからないというのは非常に残念なことです、この為現在のオープンウォーターダイバーコースでは水面でSMBを使用することが必修となっています。さらに、このスペシャルティコースは水中でDSMBを膨らませて、活用できるようになるコースです、今後のダイビング活動の幅を広げる意味でも受講しておきたいスペシャルティコースです。

PADI DSMB コースについて

  • 参加前条件: 年齢10歳以上のオープンウォーターダイバー以上の認定ランクのダイバー。
  • 最低日数 :1日間
  • 実技内容 :海洋実習2回、知識開発レクチャーあり。
  • 必要教材 :インストラクターが提供する教材を用いて実施致します。
  • 必要器材 :通常のスクーバダイビング装備に加えて、DSMB、スプール(リール)、カッティングツール。
    ※DSMBは必須器材となっております、レンタルが可能です。

目指せ!PADI マスター スクーバ ダイバー

マスター スクーバ ダイバー認定条件
• 12歳以上 注意:12〜14歳のダイバーはジュニア・マスター・スクーバ・ダイバー資格を取得できる。
• PADI(ジュニア)アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー、PADI(ジュニア)レスキュー・ダイバー、および5種類のPADIスペシャルティあるいはTecRecコースで認定を受けている。
注意:スペシャルティあるいはTecRec認定はPADIの認定でなければならない。 他の認定は条件を満たさない。フリーダイバー・インストラクター(ベーシックではない)の認定をクレジットすることもできる。
• ログに記録されたダイブ本数50本

経験を重ねたらプロフェッショナルコース
さらなるスキル向上とバディへのサポート力を補強できます。

ダイブマスター以上がプロフェッショナルレベルのダイバー認定となります。 海という広大なフィールドであなたはこれまでにスクーバダイビングで多くの感動体験をされてきたことと思います、これからダイバーになって海での感動体験のスタートラインに立つダイバー候補生のサポートをしたり、ダイバーの方に海の楽しさ、難しさを伝えられるダイバーになってみませんか。

プロコースに関してはこちらから