水中で呼吸するためのレギュレーターや、安全を管理するダイブコンピューターなど、ダイビングは器材への依存度が高いレジャーです。それゆえ、器材は慎重に選んで購入し、その後はベストな状態で使いたいもの。
このコースは、初心者ダイバーから、買い替えを考えているダイバー、さらには器材のメンテナンス法を知りたい、もっと使いやすくしたい、長持ちさせたいと考えているダイバーまで、幅広いダイバーのニーズに応えます。
 器材に対する不安をなくし、ストレスなくダイビングを楽しみましょう。

コース参加前条件

・PADIスクーバ・ダイバー以上 またはPADIジュニア・スクーバ・ダイバー以上で、10歳以上

器材スペシャルティ・コース

  • 器材の知識やメンテナンス方法が身につく
  • 器材のトラブルが発生しても的確に対処できる
  • 器材に対する信頼度が高まり、より安心したダイビングが楽しめる
  • 器材を使いこなすテクニックがマスターできる
  • 器材を長持ちさせらることができる。

一緒にお勧めのコースはこちら

目指せ!PADI マスター スクーバ ダイバー

マスター スクーバ ダイバー認定条件
• 12歳以上 注意:12〜14歳のダイバーはジュニア・マスター・スクーバ・ダイバー資格を取得できる。
• PADI(ジュニア)アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー、PADI(ジュニア)レスキュー・ダイバー、および5種類のPADIスペシャルティあるいはTecRecコースで認定を受けている。
注意:スペシャルティあるいはTecRec認定はPADIの認定でなければならない。 他の認定は条件を満たさない。フリーダイバー・インストラクター(ベーシックではない)の認定をクレジットすることもできる。
• ログに記録されたダイブ本数50本

当店で開催可能なPADIスペシャルティダイバーコース