オープンウォーター講習でコンパスの初歩的な方法を学びます、アドヴァンスコースでは行動範囲が広げられるようにナビゲーションは必修となっています。
PADI ダイビング 伊豆 中野 スキューバ

・コンパスを使いこなしたい。
・自分の力でナビゲーションしたい。
・セルフダイビングが楽しみ。
・マスタースクーバダイバーを目指そうかと思う。

このコースではさらに一歩踏み込んだ、実際のナビゲーションスキルを身につけて自分の力でダイビングを実施することができます。
ワクワクしながらコンパスや水中の地形・生物、ダイブコンピュータの水深などを利用してスタート地点に帰ってくることができるとこれまでにない達成感を感じることができるはずです。

PADI 水中ナビゲーター 参加資格

PADIオープン・ウォーター・ダイバー 以上 またはPADIジュニア・オープン・ウォーター・ダイバー以上。
病歴診断書に記入・署名ができ、該当がある場合は医師の診断書をお持ちいただけること。

使いこなして楽しもう!コンパス

PADI 水中ナビゲーション コース内容

・学科講習に関して:PADI U/Wナビゲーターマニュアル&DVDを使用します。
DVDと知識の復習を終えてからご参加ください、インストラクターと答えわせを行います。
・海洋実習に関して
3回のダイビングを行うので1日で終えることが可能ですがゆとりを持って講習に望んでください、アドヴァンス認定がある方は2回の潜水で取得可能です。コンパスの使用方法を確認しておきましょう。

PADI ナビゲーション スペシャルティ ダイビング実施内容

DIVE1

  • 中性浮力を保ちキックサイクル測定を実施。
  • 直線のコンパスナビゲーション。
  • 四角形のナビゲーション。

DIVE2

  • コンパスを使用し5回以上の方向転換を実施し、スタート地点に戻る。
  • コンパスや陸上の目標物を使用した山だてを実施。

DIVE3

  • 5回以上のターンを行ってコンパスナビゲーションをおこなう。
  • 水中地図の作成。

ナビゲーションスペシャルティを終えた後にさらなるスキルアップ

身につけたナビゲーションスキルを活かして水中でサーチパターンを描きましょう。
加えてリフトバッグ等を使用し総合的なスキル向上を目指します。

夜の海中でナビゲーションを試してみるのはいかがでしょうか?
神秘的なナイトダイビングはナビゲーションスキルをさらに磨くのに楽しめるアドベンチャーです。

目指せ!PADI マスター スクーバ ダイバー

マスター スクーバ ダイバー認定条件
• 12歳以上 注意:12〜14歳のダイバーはジュニア・マスター・スクーバ・ダイバー資格を取得できる。
• PADI(ジュニア)アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー、PADI(ジュニア)レスキュー・ダイバー、および5種類のPADIスペシャルティあるいはTecRecコースで認定を受けている。
注意:スペシャルティあるいはTecRec認定はPADIの認定でなければならない。 他の認定は条件を満たさない。フリーダイバー・インストラクター(ベーシックではない)の認定をクレジットすることもできる。
• ログに記録されたダイブ本数50本

経験を重ねたらプロフェッショナルコース
さらなるスキル向上とバディへのサポート力を補強できます。

ダイブマスター以上がプロフェッショナルレベルのダイバー認定となります。 海という広大なフィールドであなたはこれまでにスクーバダイビングで多くの感動体験をされてきたことと思います、これからダイバーになって海での感動体験のスタートラインに立つダイバー候補生のサポートをしたり、ダイバーの方に海の楽しさ、難しさを伝えられるダイバーになってみませんか。

プロコースに関してはこちらから