XDEEP ZEN
XDEEP ZEN

XDEEPのバックフロートBC「ZEN」です。
テクニカル傾向が強いギアですがレクリエーショナルダイバーにとっても有意義なBCとなるのではないでしょうか。


こんな方にお勧めです!

一つ一つ説明しますね

水中で美しい水平姿勢を保ちたい

 海の中でストリームライン、水泳でいうところの流線形をイメージした姿勢、水の抵抗を極力減らすための姿勢を保つことでスマートなダイビングが可能となります。
 一般的なレクリエーショナルダイビング用BCは樹脂などでバックプレートが成型されていますがXDEEP ZEN はバックプレートが金属製の為、無理なく自然にこの姿勢を保つことが可能です、これまでレクリエーショナルBCをお使いになられたダイバーの方は背負った時に初めは違和感を感じるかもしれません、その場合は背中への当たりを和らげるオプションのパッド等を検討されるのもよいかもしれません。
 金属製バックプレートはスチールとアルミ製があります、スクーバ用シリンダー同様重量に差がありますのでご自身のダイビングスタイルを検討しておき目になられるのがよいと思います、お悩みの場合はスタッフまでお問い合わせください。


身体前面の圧迫感が嫌い。

バックフロートタイプのBCは背中部分にエアが入るために身体の前面、腰や肩周辺にエアーが入りません、これらの圧迫感を嫌うダイバーの方にはお勧めと言えます。反面、身体が圧迫されないのでBCにきちんとエアが入っているかどうかわかりにくいという声も聞きますが、一般的なBCにパンパンにエアを入れているダイバーの方はオーバーウェイトや水に対するストレスが大きい等の原因がありそうですのでダイビングスキルを見直す必要があるかもしれません。
 背中部分に浮力が集中する為、先に説明した美しい水平姿勢を保つことにも優位に働きます、またブラダー(写真・空気袋)が左右に分割されない、ドーナッツ型になっているためバランス調整も容易です。
 マイナス要素といえば背中側に浮力が集中する為にきちんと自分の体にフィットさせないと水面において頭部が前に押されることがありますのでご注意ください。


将来的にテクニカルダイビングに挑戦してみたい。

↓まずは2つのBCを見比べてください↓

 右がPROJECT、左がZENです、PROJECTはダブルシリンダー対応のモデルですが、バックプレートはZENと共通です。
 1本背負うだけでは物足りなくなり、もう一本背負いたい!そんな場合でもブラダーを交換することで2本のシリンダーを背負うことも可能です。
 ZENはスキルアップや経験を積むと湧きでてくる様々なダイバーの夢を実現できる可能性のあるモデルです。


カスタマイズが好き

ZENにはスタンダードまたはデラックスという2タイプがあります、肩ベルトにバックルがつくかつかないかの違いになります。
 どちらのタイプも使用する前に自身の身体に調整する必要がありますので、それだけでもカスタマイズ好きなダイバーの方には魅力的かもしれません。
肩ベルトにバックルがない為手に入れた後にご自身のサイズ調整が必要になります。
 さらにZENでは各種ウェイトポケットがオプションで用意されています、自分の必要なウェイト量やバランスをとるために取り付ける位置でカスタマイズしてください。
 ドライスーツを着用されるダイバーであれば腰回りに装着するウェイトポケットは初めに同時購入をお勧めいたします、クロッチ(股)ストラップでフィットを高めるZENではウェイトベルトなしで着用されるのがスマートと言えます。


丈夫な器材が欲しい

過酷な条件で使用されることを想定しているZENは耐久性を求めるダイバーが充分満足できるモデルと言えます。
 スタンダードモデルでは肩バックルがないためにバックル破損などのトラブルがそもそも起こり得ませんし、腰、肩等のストラップはウェイトベルト同様の丈夫なナイロン製です。
 ブラダーは二重袋になっていますので外側のカバーが破れても浮力を失われることがない安全設計。
 金属製のバックプレートはよほどのことがない限り曲がったりすることはないでしょう。


カラーコーディネートを楽しみたい

 納期や価格の面から強くプッシュできないのですが、どうしても!!カラーBCが欲しいダイバーの方はお問い合わせください。
 様々なカスタマイズが可能です。


でもやっぱりレジャー向けがいい!!

 金属製のバックプレート、使用前の調整、クロッチストラップなどなど一般的なレクリエーショナルBCよりは少し手間のかかるBCと言えます。
 レクリエーショナル専用BCの快適性の完成度はかなり高いと言えます。

 そのレクリエーショナルBCの中でバックフロートタイプでありながら快適性を兼ね備えたモデルがAPEKSにあります、稲取マリンスポーツセンタースタッフもこのBCを愛用しています。

BLACK ICE
ブラックアイス

バックフロートタイプでありながら、快適性を両立させた逸品。
ダブルシリンダーもオプションのシリンダーベルトなどへの換装で対応可能。
 スタッフが愛用しているため生の声でアドバイスできます、ご検討いただけるお客様にはまた自社プールでのモニターを無料にて対応いたします。


呼吸ができない環境での使用が前提となるダイビングギア

ダイビングギアを並べてみると・・・
マスク、スノーケル、フィン、ブーツ、グローブ、ウェットスーツ、ドライスーツ、BC(BCD)、レギュレーターセット、ダイブコンピュータ、水深計、残圧計、コンパス、、、、、数多くのアイテムがありますね。
肌に直接身につけるアイテムはすぐにでも揃えるべきなのはもちろんですが、BCD、レギュレーターなどは

生命維持装置といえるものです。
信頼できるメーカーのものをお選びください。
ダイビングギアによるストレスはすぐに改善できるものです、納得いくまでのお選びいただけるようスタッフがサポートさせていただきます。

これまでに使用したBC

ダイバーになって初めて手に入れたBCはZeagleのレンジャーというモデルでした、バックフロートでブラダーは二重、10年ほど使った記憶があります。
まっくろのBCが茶色になって、使用はできるもののなんとなくみすぼらしい感じになってしまい買い換えた記憶があります。
その後に購入したのは某国産メーカーのBC、これは長く使うことができませんでした、営業マンの熱意で購入したけれど使用感も今一つだったかな。
その後はTUSAの軽量BCのモニターBC、初期型で軽量BCにありがちな耐久性がなく、あえなく改良されていました、改良されたモデルは気にいって少し使った記憶があります。
で、バックプレートが金属製のBCを購入し、色々カスタマイズしていましたが国内代理店のサポートがイマイチ、今はお蔵入りしています。
さらにアクアラングのi3モデル(過去記事はこちら)を使用していた利していました。
そんな中、サイドマウントを始めたのでハルシオンのサイドマウントBCを購入、コンパクトなモデルが欲しくてAPEKSのサイドマウントを使用し始めました、このAPEKSは今でも使用しています。
さらにバックフロートタイプが好きなのでApeksのブラックアイスを愛用、最近使用しているのはAQUALUNGのアクシオム、この2つはとてもよくできたBCだと思っています。
それぞれに思い出があり、楽しい時も辛い時も共に海で過ごしたのでまたそんなBCに出会えないかと思っています。
25年以上潜っていても購入したBCは4着程度でしょうか、ダイビングギアは長く使用できるものなのできちんと選んでくださいね。

参考までに樋口はNAUIインストラクターでもあったのでBCと呼ぶことが多いです、これはブリティッシュコロンビアでも紀元前でもなBuoyancyCompensatorの略です、PADIではBCDとマニュアルなどに記載されていますがこれはBuoyancy Control Deviceの略称です、どちらも同じものですねメーカーによってはBCJ、Buoyancy Control jacket と呼んだりしますね。
使いこんでいくとBCは自分の体にフィットしてきます、一体感を感じ、重心の位置を探れるようになるととても楽しくなります。
頼りにできるBCが見つかるといいですね。
実は今新たなBCの到着を待っています、いい付き合いができることを願ってます。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です