Apeks XTX200 レギュレーター

愛用しているレギュレーターに関して書いてみようと思います、このレギュレーターが気に入りまして、現在Apeksのみ4台のレギュレーターがあります。

実はApeksと出会うまでは別メーカーのレギュレーターを愛用していましたがひょんなことから購入、現在に至っています。

10年以上付き合いがあったレギュレーター、実は初めて購入したレギュレーターだったのですがメンテナンス担当の方から「メンテナンスは出来るけどオススメ出来ない」と言われ新しいレギュレーターを探していました、今思えばメンテナンスしておいてキープしておけばよかったかとも思っています、今さら仕方がないけど愛着がありました、思い出と僕の呼吸が染みついたレギュレーターでしたから。

出会いは必然?

たまたまアクアラングの営業さんが取引もほとんどない中、足を運んで下さっていてレギュレーターを紹介頂きました。
それがApeksだったのです。

この写真のレギュレータはXTX200という上位モデルです、水深200mで呼吸が出来ます、あり得ないシチュエーションの営業トークに「買います」即答してしまいました。
またその頃あこがれの南極でのダイビング映像を見て、そのダイバーたちが使用しているレギュレーターがApeks・・・・自分の選択が正しいことを確信しました。

また2017年5月にNHKスペシャルで放送されたロシアのオルダ洞窟、このときのクルーたちもApeksでした。

性能面でちょっと説明します、これはアクアラングレジェンドシリーズ、ApeksXTX50も共通項が多いです。

ファースト(1st)ステージについて
一般的なレギュレーターの1stステージ(しリンダバルブと接続するほう)は内部に海水を取り入れます、海水の圧力に応じて空気を送り出す必要があるためです。
海水の浸入は長年使用していると内部に塩分などか固着し本来の性能を発揮できなくなるのですがXTX200,50,LEGENDシリーズの1stステージは海水を取り入れません。
このメリットは塩噛みトラブルを防いだり寒冷地での凍結を防ぐことが挙げられます(ただ凍らないレギュレーターはないと思っていますけど)。

またスクーバでは水深が深くなると呼吸抵抗が様々な要因により大きくなります(レジャーダイバーの水深で自覚できるかは個人差があります)、オーバーバランスドといわれる機能は水深が深くなるとレギュレーターの圧力が上昇し呼吸感を損なわないようにする機能です、前述した200mでの呼吸を達成する為の機能とも言えます。

ポートの数は中圧ホースを取り付けるポートが標準で4か所、なのでメインセカンドステージ、予備のセカンドステージ、BCDホース、ドライスーツホースを取り付けることが可能です、Apeksの場合オプションで4か所目のポートを追加できます、シリンダーを2本背負うとかアクアラングのBC、i3シリーズを使用する場合コンフィグレーション(構成)がしやすくなることがあります。

セカンドステージについて
バランスタイプのセカンドステージです、高性能のセカンドステージのほとんどがバランスタイプです、廉価版のモデルには採用していないことが多いですが呼吸感はバランスタイプが有利です。
空気の流れを調整できる機能なども充実しています。
パージボタンは押し方によって噴き出す量を調整可能なシステムになっています、動画を見ていただくのがわかりやすいと思います。

あまり使うことはないかもしれませんが排気ティーの大きさを変更することが可能です、メインであれば大きいタイプでよいかもしれませんがバックアップで使用する時にコンパクトにすることができます、テクニカルダイビングの世界ではコンパクトさが重要になる局面があるのでこのようなシステムも取り入れています。

ホースの取り付け位置の変更もできます、これもサイドマウント、テクニカルダイビングなどで必要になる可能性があります。

女性には少しセカンドステージが大きいと感じられるかもしれません、そんな場合は性能差がほとんどないといえるのでLEGENDを選ばれるのもいいかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です