伊豆ダイビングカレッジ株式会社

静岡県のすごい産業遺産 | ダイビングスポット

LINEで質問 お問い合わせ

静岡県のすごい産業遺産 | ダイビングポイント 藤三について

静岡県のすごい産業遺産 | ダイビングポイント 藤三について

2022/04/28

 海は凪、昼過ぎから太陽が眩しくなった稲取です、本日はダイビングプールでのリフレッシュを終えたダイバーの方にファンダイビングを楽しんでいただけました、ダイビングから遠ざかっているダイバーの方は一度ダイビングプールでのリフレッシュに参加しておきましょう!
もちろん、インストラクターに見てもらうまでもないかな、、、、そんな風にお考えのダイバーの方はダイビングプールはセルフでご利用いただけますのでお気軽にセルフでのリフレッシュをどーぞ。

きっかけはお問い合わせメールと銀水荘さん

お問い合わせフォームより、ダイビングポイント「藤三」の読み方をおしえてくださいという内容のメールをいただきました。
お問い合わせいただいたダイバーの方は、聞いていいのかな?と恐縮されていたようですがダイビングでわからないことはどんどん聞いて欲しいです、ですのでお気になさらずに、藤三を改めて紹介するきっかけにもなりました。
また、先日、銀水荘さんにお声がけいただき、稲取銀水荘さん、スパ・リゾート竜宮の使いさんと我が稲取マリンスポーツセンタースタッフの共同作業で藤三の清掃及び整備活動を行ったことも後押しになりました、先日の活動内容はAWAREでも紹介していただきました。

産業遺産とは?

静岡県では近代化に貢献した建造物などを「産業遺産」としてガイドブックを発行し、国内初の木材パルプ工場、発電所など多岐にわたって紹介しています。
稲取の近くでは天城山隧道などが有名でしょうか。

避難港として作られた?藤三

稲取は漁業で発展した港町です、現在の役場前には立派な漁港、稲取港があります(以前は砂浜でした)。
しかしながらダイバーにおなじみの「ならいの風」が吹くと、この稲取港に大きな波が入るため、漁業活動の妨げになっていたようです。

ならいの風?

ならいの風とは、冬の寒い時期に吹く風のことを指しますが、東日本、伊豆半島においては北寄りの風を指します、東伊豆ダイバーの認識で言うと北東かな。
語源には諸説あるようですが山に沿って(ならって)吹くことから、こう呼ばれるようになったとの説が有力です。

藤三は人の名前から

読み方をお知らせしていませんでした

さて、よみかたですが「とうさん」が正しいです。
これは鈴木藤吉さん(藤さん)がならいの風が強い時を心配して、逆側の南の海岸、現在のダイビングポイントです、に石堤を築き上げたことから呼ばれるようになりました、現在の藤三には鈴木藤吉さんの石碑も建造されています。

ダイビングポイントとしては県内で唯一の産業遺産です、是非今度潜る際には、140年以上前に作られた石堤に少しだけ目を向けてみてください。

石といえば・・・・

江戸城築石「角石」発見

また機会があれば、稲取にまつわることなど紹介していきたいと思っています、石堤でふと思い出したのが「江戸城の築城石」です、2020年の調査依頼、探していないことを思い出しました、前回は稲取マリンスポーツセンター北奥が世紀の大発見をしました、次回も機会があれば再開していきたいですね。

ダイバーの力で海からゴミを減らしましょう!!

稲取マリンスポーツセンターでの経験をもとに、他のダイビングポイントでもゴミ拾いを実践しましょう!

【注意】-詳しくはレクチャーの受講をおすすめします。
※場所によっては大きすぎるゴミは廃棄が難しいことがあります。しかし小さなゴミ、たった1つのゴミでも海からゴミが減るのは海にとっていいことです。
※明らかなゴミ以外は無闇に回収しないようにしましょう。トラブルの原因になりかねません。

毎月1回開催してきた稲取の海での海中清掃活動。
海の環境保護に興味のあるダイバー様、活動のご助力をお願い致します!

事前にZOOMのオンラインレクチャーを受講することで、「Dive Against Debrisスペシャルティ」の認定を取得することもできます。
無料でご参加頂けますので、興味のある方はお気軽にスタッフへお声がけください。
詳しくはこちらをご覧ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。