伊豆ダイビングカレッジ株式会社

ダイビングのプロを目指す PADI ダイブマスター コース

LINEで質問 お問い合わせ・ご予約

PADIダイブマスター

なぜ?ダイブマスター

PADI DIVEMASTER COURSE

身近なダイビングのアドバイザー

ダイブマスターはインストラクターより親しみやすい立場にいます

 PADIダイブマスターコースに挑まれる方には多くの目標がありますが自身のスキルアップを目指す方、ダイビングガイドを目指す方、PADIインストラクターになる為の初めの一歩として受講されるダイバーの方等いらっしゃいます。
 ダイブマスターコース終了後はこれまでとは違ったダイビングに対する取り組み方が発見できるということです。
 稲取マリンスポーツセンターではお一人様からフリープランでダイブマスターコースが開催できます、是非コースを終えて多くのダイバーにダイビングの感動体験を伝えてください。

PADIダイブマスターの2パターン

2022年よりダイブマスターコースに新しいプログラムが誕生しました。

PADI Junior ダイブマスターの詳細はお問い合わせください

PADIダイブマスター 取得コース

PADI ダイブマスター

保険加入でプロとしての活動ができます

これまでのダイブマスターコースです、ダイブマスターコースを終えるとPADIメンバーとなり、プロフェッショナルとして水中ガイドや各種ダイビングプログラムのアシスタントができるようになります。

PADIダイブマスター ジュニアダイブマスターコース

PADI ジュニア ダイブマスター

プロ活動を希望しない方や未成年の方へのプログラム

ダイブマスターのスキルを追求し、将来のダイブマスター候補生の育成をしていくコースです。ジュニアという名称になっていますが、スキルアップを目指したり、プロとしての活動に自信が持てないダイバーの方などの受講が可能です。
ジュニア ダイブマスターの紹介ページはこちらから

ダイブマスターコース主な実施内容

PADI ダイブマスターコースは様々なプログラムから構成されています。

PADI ダイブマスター スキルワークショップ

ダイブスキルワークショップ

ダイビングスキルのデモンストレーション

ダイブマスターはダイビングスクールのアシスタントとしてデモンストレーションレベルのスキルが求められます。eLearningに含まれるスキルデモンストレーション動画は必見です。

PADI ダイブマスター 水中スキル開発

水中スキル開発

泳力チェックも実施します

水泳能力などのスタミナスキルを実施、タイムによる評価を実施し、合計得点で合否判定を行います(ジュニアダイブマスターはタイム測定はありません)

PADI ダイブマスター ワークショップ

体験ダイビングワークショップ

初めてのダイバーをサポートする

ダイブマスターになると体験ダイビングのアシストをすることができます、

PADI ダイブマスター レスキュートレーニング

ダイバーレスキュー

レスキューダイバースキルの向上

水中に沈んでいるダイバーを引き上げて、水面でのレスキュー呼吸、器材脱装を行い陸上に引き上げるまでのレスキューを実施します。

スクールやファンダイビングの準備

フロート設置も大切なスキルですよね

ダイビングスクールのアシスタントを務めることになるダイブマスターは講習場所のセッティングも大切なスキルです。
ロープワークを駆使して、スムーズにスクールが進行できるようになっておきましょう。
ロープワークはサーチアンドリカバリースペシャルティダイバーを受講しておくといいですね。

これ以外にもダイブマスターコースには水中ガイド、ブリーフィング、オープンウォーターダイバーコスやアドヴァンスコースのアシスタントトレーニングなどなど様々なトレーニング項目があります、ダイビングリーダーにふさわしい積極的な姿勢でダイビングスクールにご参加ください。

ダイブマスターコース参加について

PADI ダイブマスター レスキューダイバーが必要

必要なダイバーレベル

必要な認定ランク

・アドバンスダイバー認定(他団体OK)
・レスキューダイバー(他団体OK)

PADI ダイブマスター エマジェンシーファーストレスポンスが必要です

救急法に関して

必要なCPR認定について

・有効期限内のEFR認定
 EFRは同時申込でお得になります
・上級救命講習修了者
・他団体CPR認定
医師、看護師、救命士の方は申請によって上記認定が不要になる場合があります。

PADI ダイブマスター 事前の準備

ダイブマスター事前の準備

ブランクダイバーの方は参加できません

eLearning受講の方にも紙版のインストラクターマニュアルを発送いたします。ダイブマスターコースの部分に目を通しておいてください、またコンパスナビゲーションなどの基本的スキルは復習をしておいてください。

PADI ダイブマスター 日数

ダイブマスター必要日数

スペシャルティ認定がクレジットになります。

ダイブマスターコースの最低必要日数は6日間です。ディープダイバー、サーチ&リカバリー認定のない方は1日追加日程が必要です。

ダイブマスターコース教材について

eLearningがお勧めです

ダイブマスター・デジタル・クルーパック
デジタルでお渡しする構成品
・ダイブマスター eLearning
・インストラクターマニュアル(デジタル)

・DSDインストラクター用キューカード データ
・ダイブマスター スレートセット データ
・エンサイクロペディア(百科事典) デジタル版
・ReActivate eLearning プロメンバー確認用
・eRDPml デジタル版

発送を伴う構成品
・DSDインストラクター用キューカード
・ダイブマスター スレートセット(4枚組)
・ダイビングエデュケーションログ (プロ)
・ホログラム・デカール
・PADI プロバッグ

PADIスペシャルティコース

ダイブマスターに役立つコース

PADI ダイブマスター サーチアンドリカバリースペシャルティダイバー

PADIサーチ&リカバリー

PADIスペシャルティコース

PADIサーチ&リカバリー認定のある方はダイブマスター講習中のワークショップが一部免除になります。

PADI ダイブマスター ディープダイビング

PADI ディープダイバー

PADIスペシャルティコース

PADIディープダイバー認定のある方はダイブマスター講習中のワークショップが一部免除になります。

PADI ダイブマスター EFRインストラクター

EFRインストラクター

ダイブマスターとしての活動範囲を拡げる

EFRインストラクターを終えておくとダイブマスターとしての活動範囲を拡げることができます。

PADI ダイブマスター ナイトダイビングの経験が必要

ナイトダイバー

ダイブマスター認定に必要な経験

ナイトダイビングの経験はダイブマスター認定の必要要件です、スペシャルティを持っておくのがよいですね。

ダイブマスター受講生特典:その1

トレーニングは裏切らない

やらされることより自主的に取り組むのがダイブマスターには大切かもしれません。
そんな自主トレーニングの気持ちを大切にしたい、稲取マリンスポーツセンターではダイビングスクールお申し込みから講習終了後までプール利用料をナイトプールを含めて無料で応援させていただきます。
時間をかけて取得される方や、泳力に自信のない方は活用してください。
※スクールお申し込み完了とはダイビングスクール教材の購入を終えた時点となります。

ダイブマスター受講生特典:その2

ダイブマスターになった後の活動をサポートしています。

ダイブマスターになったけれど活動する場所がない、、、そんな勿体ない声を耳にすることがあります。
当店ではダイブマスター認定後、実際のダイビングスクールの場でダイビングインストラクターと共に活動できる場所の提供を行っています。
経験を積んで、活躍できるダイブマスターを目指してください。

ダイブマスター受講生特典:その3

セルフダイビングなど各種料金がダイブマスターである限り優待価格となります。

稲取マリンスポーツセンターのダイブマスター卒業生は、PADIダイブマスター資格を更新している場合に限り各種セルフダイビング費用、ダイビングプール使用料、ファンダイビング料金、各種PADI教材、ダイビング器材を優待価格で提供しています。

PADIメンバーを継続していることが必要です。

ダイブマスターコースの前に

復習しておくことで講習がスムーズになり戸惑うことなくコースに取り組むことができます。

PADI ダイブマスター ナビゲーションスキル

コンパスナビゲーションスキル

実は、、、ダイブマスターコース中に戸惑う方が多いです

ナビゲーションスキル:特にコンパスナビゲーションの復習をしておきましょう。
ダイブマスターコースでは水中ガイド役をシュミレーションする場合があります。
コンパスは自己流ではなくダイブマスターとして正しく使用(PADIアドヴァンスマニュアル参照)できるようにしておいてください。

PADI ダイブマスター 勉強しましょう

eRDPML

ダイブマスターエグザム合格の為に

ダイブコンピューターでのダイビングをされて来た場合、ダイブマスターコースで初めてRDPに触れる方もいらっしゃるかもしれません、テーブルタイプ、マルチレベル対応のeRDPMLどちらも必要です。
 

PADI ダイブマスター ロープワーク

ロープワークスキル

陸上でできる方が水中でできない!?

コース中、ダイビングポイントのフロート準備を実施しますが、その際にロープワークが必要です。
PADIアドヴァンスマニュアル、サーチアンドリカバリーに記載されている3種類のロープワークは復習しておきましょう。
スマートフォンアプリでPADIアプリをダウンロードしてみてください、ロープワークの動画を見ることができます。

PADI ダイブマスター 泳力評価頑張って

水中スタミナ評価

過信は禁物です

泳力チェックがダイブマスターコースで実施されます、400m水泳・800mスノーケリング・ダイバー曳航・立ち泳ぎ、、、、参加の前に一度お近くのプールで泳いでおきましょう。
コースをお申込みいただいた後であれば稲取マリンスポーツセンタープールは無料でご利用いただけます。
 

ダイブマスター受講までの流れ

ご希望の日程でお一人様より開催いたします。

まずはお問い合わせください。

STEP1

スタッフが海に出ているなど、電話が通じない場合がございますのでお問い合わせフォーム、LINEをご利用ください。

お問い合わせの際にお知らせいただきたいこと

メールアドレスやお電話番号はお間違えなく

お問い合わせフォームの内容をご記入ください
LINEでのお問い合わせはこちらから
・現在のダイバーランクと指導団体(SNSI,PADI,NAUI,SSI,BSACなど)
・講習開始の希望日程
・これまでのダイビング経験(潜水本数)
・EFR認定またはそのほかのCPR経験の有無
・EFRインストラクター同時受講の希望があればお知らせください。
 今後、ランクアップご検討されている場合EFRインストラクターを終了されることをお勧めいたします。
・ZOOMを用いたウェブ上での説明(無料)を希望される場合はお申し付けください。

セルフスタディを始めよう!

STEP2

eLearningまたはマニュアルを使用します。

メール、LINE、お電話などで受講の意思を確認させて頂いたら教材をご購入ください。
インターネット上でのクレジットカード決済か銀行振り込みでご購入いただいております。
決済完了後、eLearningの場合はコードを送信し、教材の場合はご自宅に発送いたします。

ダイブマスターコースのスタート!

STEP3

セルフスタディを終えてご来店ください

医師の署名の入ったメディカルフォームを忘れずに!

PADIダイブマスターコースだけでなく全てのダイビングスクールの一番初めはコースオリエンテーションから始まります。
ダイブマスターコースでは、前資格、ダイビング経験、コース料金、ダイブマスターコース実施内容、ダイブマスター候補生、インストラクターがお互いに心がけるべきことなどを説明しています。

積極的にトレーニングしよう!

STEP4

ダイブマスターコースは「楽しく」

ダイブマスターコースにはワークショップ、ブリーフィング、レスキュースキル、ダイビングスクールのアシスタント、ファンダイビングのガイド等々様々なトレーニングを実施します。
失敗を恐れずに、積極的に、前向きに、楽しみながらダイブマスターコースに臨んでください。

 

ダイブマスターコースの修了

STEP5

PADI メンバーの仲間入り

PADIのメンバー特典をフルに活用してください。

ダイブマスターコースを終えたら、Cカード申請(写真をご用意ください)です、メンバーシップ同意書などを確認し、PADI年会費引き落とし口座の登録用紙などを提出します。
PADIによりメンバー登録手続きを終え、Cカードが届いたらPADIプロサイトにアカウントを作成しでプロメンバーに向けた情報や最新のインストラクターマニュアルのダウンロード、全世界のPADIメンバーだけがみることができる会報誌などをご覧ください。
 

PADI ダイブマスター 講習費用について

  • ダイブマスター
    6日間のダイブマスター講習費用です

    ¥74,800 (税込)

  • ダイブマスター申請料
    コース修了時の申請費用となります

    ¥25,718 (税込)

  • ワークショップ追加
    SP認定がない場合のワークショップ追加費用

    ¥22,000~ (税込)

  • EFRインストラクター
    1日間の講習費用となります。
    他コースとの受講割引があります。

    ¥31,900 (税込)

  • EFRインストラクター教材
    PADIメンバーの方は割引特典あります
    EFRインストラクターマニュアル
    緊急ケアガイド
    エグザム3種類

    ¥15,335 (税込)

  • EFRインストラクター申請料

    ¥8,976 (税込)

  • EFRインストラクター年会費
    EFRインストラクター資格維持のための年会費が必要です。
    毎年10月に更新手続きの案内が届き、PADIへの支払いとなります。

    ¥8,305 (税込)

PADI 年会費や活動に必要な保険費用などはPADIへの直接のお支払いとなります。

ダイブマスター以降のステップアップコース

PADIダイブマスターを終えたら受講しよう | アシスタントインストラクター

PADI アシスタントインストラクター

一歩踏み込んだ講習アシスタントができます

PADIダイブマスターを終えたら受講しよう | PADI IDC

PADI インストラクター

ダイビングインストラクターはじめの一歩

PADIダイブマスターを終えたら受講しよう | MSDT

PADI マスタースクーバダイバートレーナー

スペシャルティを多く担当できるインストラクター

 

 

PADIダイブマスターを終えたら受講しよう | IDCスタッフインストラクター

PADI IDCスタッフインストラクター

インストラクター養成コースが開催できます。

PADIダイブマスターを終えたら受講しよう | マスターインストラクター

PADI マスターインストラクター

経験豊富なダイビングインストラクター

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。