伊豆ダイビングカレッジ株式会社

EFR | エマージェンシーファーストレスポンス

LINEで質問 お問い合わせ

EFR | エマージェンシーファーストレスポンス

 ダイバーであればケガや事故などは絶対に避けたいものです、安全に配慮して慎重なダイビングを楽しみながら、万が一の場合に備えておくことも必要です。

与えられない完璧な処置よりも、与えられる適切な処置の方が良い。

このコースで学ぶ重要なことの一つ

大切なことは「差し伸べる」こと。

 スクーバダイビングはレクリエーショナルなスポーツという側面がありますが、競技ではありません、多くのダイバーに手を差し伸べられるダイバーになっていただきたいと考えています。
 実際のダイビングシーンでは、器材を背負う、エントリーエキジット、ボートでの撮影機材の受渡し等様々な場面でバディと協力することがあります。普段一緒に潜っているなら手も貸しやすいですが、初めてグループやバディが一緒になったとき手を貸していいものか考えることがあるかもしれません。
そんなときはサポートが必要かどうか声をかけるのがよいですよね、優しい信頼関係が築けると思います。

エマージェンシーファーストレスポンスはこの「差し伸べる」の要素を増やせるコースです。

全てのダイバーに学び、身につけて欲しい。

 EFR(エマージェンシーファーストレスポンス)コースは最新の医学的基盤を基に作られ、世界中の各機関から認められた信頼性のあるプログラムです。
万が一、目の前でバディがトラブルに陥った場合に手を差し伸べ、できる限りのサポートをすることで回復などが早まったりすることがあります。このエマージェンシーファーストレスポンスはダイバーだけでなく日常生活の万が一に備えることができるように知識とスキルを身につけ、実際のトラブル時に役立つダイバーとなれるコースです。

EFRの講習内容

主な講習内容

EFRでは多くのことをマスターします、主な内容は
現場の評価
バリアの使用
CPR(心肺蘇生法)
出血の管理
背骨の傷害の管理
AED(自動体外式除細動器)の使用方法
などです。

全ての方にご参加いただけます

参加前条件
ダイバー以外でもご参加いただけます、年齢制限もありません。
当店では5歳のお子様が受講されたこともあります。
Cカード申請にあたって
お写真は不要です。
同時にお勧めするコース
エマージェンシーオキシジェンプロバイダー
スケジュール・人数
お客様のリクエストで開催していますのでご相談ください。
レスキューダイバー認定の為に
レスキューダイバー認定にはEFR認定が必要です。

多くの方のご参加をおまちしております!

  • EFRコース
    エマージェンシーファーストレスポンス
    教材・申請料8,204円別途
    合計24,200円

    ¥15,996 (税込)

  • CFCケアフォーチルドレン
    教材・申請料8,204円別途
    合計24,200円

    ¥15,996 (税込)

  • CPR&AED
    教材・申請料8,204円別途
    合計24,200円

    ¥13,796 (税込)

  • EFR 同時申込
    エマージェンシーファーストレスポンス
    教材・申請料5,500円別途
    合計16,500円

    ¥11,000 (税込)

  • EFR&CFC
    EFRとCFCを同時に受講する料金となります
    講習費・教材費・申請料含む
    教材内容:マニュアル、ビデオ、バリア

    ¥33,000 (税込)

  • EFRインストラクター
    1日間の講習費用となります。
    他コースとの受講割引があります。

    ¥31,900 (税込)

  • EFRインストラクター教材
    PADIメンバーの方は割引特典あります
    EFRインストラクターマニュアル
    緊急ケアガイド
    エグザム3種類

    ¥15,335 (税込)

  • EFRインストラクター申請料

    ¥8,976 (税込)

  • EFRインストラクター年会費
    EFRインストラクター資格維持のための年会費が必要です。
    毎年10月に更新手続きの案内が届き、PADIへの支払いとなります。

    ¥8,305 (税込)

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。