伊豆ダイビングカレッジ株式会社

PADI マスターインストラクター

LINEで質問 お問い合わせ

PADI マスターインストラクター

 PADI マスターインストラクターはIDCスタッフインストラクターのワンランク上のCカードです、PADIプログラムの全てを熟知し、その経験を認められたダイビングインストラクターが得られる認定です。

マスターインストラクター認定条件

IDCスタッフインストラクターであることとPADIが認めるインストラクター経験年数、EFRインストラクター認定があり、下記のダイバーを認定していること。
・これまでに150名以上のPADI認定を発行していること。
  そのうちの50名以上が以下を含む継続教育認定
  PADI スペシャルティダイバー 15名以上
  PADI レスキューダイバー 5名以上
  PADI ダイブマスター 5 名以上
  PADI アシスタント 5名以上
       アシスタントインストラクター認定を得ることが難しい場合、下記条件を満たすことで認定条件を満たすことが可能です。
   • 2回の全IDCでスタッフとして働く。
   • 1回の全IDCでスタッフとして働き、3名のアシスタントインストラクターを認定する。
 ※150名のうち、ディスカバースクーバダイビングのクレジットは75名以下
 ※150名のうち、ノンダイビングのスペシャルティ認定は25名以下
 ※150名のうち、PADI Seal TeamまたはMaster SealTeam登録は10名以下
 ※IDCのスタッフとして働いたことから得たクレジットは50名以下
・これまでに10名以上のエマジェンシーファーストレスポンスコース修了カードを発行している。

コースディレクタートレーニングコースの参加前条件

CDTC

マスターインストラクターはコースディレクタートレーニングコース(CDTC)の推薦を得るために必要な認定です。
活動的なマスターインストラクターがPADIに申し込みを行い、各種書類の提出等を行い、国内審査を受けます。
審査により認められたマスターインストラクターが、国内での学科試験などを経てコースディレクタートレーニングコースへの参加資格を得ることができます。

コースディレクターを目指されるインストラクターの方はご相談ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。