ダイビング活動へご参加いただくすべてのお客様へ

陸上世界とまったく異なる水中空間を楽しむために

健康状態が良好であることが最低条件

ダイバーであるならば自分自身の体調に責任を持ち、不安があるのであればダイビングを中止する判断力が必要です、不安な状態で活動に参加することは自分自身が楽しめないだけでなく周囲の他のダイバーやご家族にとって何一ついいことはありません。当店では全てのプログラムで健康状態の確認をさせていただきます。
参加されるお客様ご自身とご家族、バディ、弊社をご利用頂くすべてのダイバーの皆様の安心と安全管理上必要なものですので、ご理解の程よろしくお願いいたします。書類にご記入いただいた段階で健康状態に関すること、薬の服用に関して、診断書の有無について直接スタッフに問い合わせをいただくことがございますが、弊社スタッフは医療専門家ではありませんのでお答えすることができません、不安がある場合は必ず事前にお医者様による診断を受け、必要であれば診断書をご用意ください。
この確認はご来店いただく前、ダイビング活動参加当日の2つを実施しておりますが、いずれの場合も
該当があり医師の署名入りの診断書をお持ちいただけない場合はダイビング活動への参加をお断りしております。
所定のキャンセル料が必要になります。
当日の体調チェックに関しては診断書の準備は不可能となりますのでダイビングをお休みしてください。

事前の病歴チェックに関して
病歴診断書の確認をお願いいたします、「病気に関する質問表」にYes の場合には、スクーバ・ダイビングに参加する前に、医師と相談していただかなければなりません。と記載されていますが弊社ではYesがある場合は必ず医師の診断書をご用意いただくことにしております。
診断書はこちらです。
該当がある場合は医師の署名入り診断書が必要になります、お持ちいただけない場合はダイビング活動への参加はできません。
当日の体調チェックに関して
血圧計、体温計は伊豆店にあります、当日の体調判断に使用される場合スタッフにお申し付けください。
以下の内容を当日確認させていただきます、該当がある場合はダイビング活動への参加はできません・薬の服用をしている(処方箋がありダイビングを許可する医師の診断書を持参いただくことで潜水は可能です)、活動中に服用が発覚した場合はダイビングを中止いたします。
・熱がある。
・過労または体のだるさがある。
・昨夜の睡眠は不十分である。
・食欲がない場合。
・過去12時間以内に飲酒された方→飲酒による体調不良がある。
・下痢、脱水がある場合。
・身体のどこかに痛みがある場合。
・手足のしびれがある。
・めまいがある。
・耳、鼻、副鼻腔に閉塞感がある。
・前回のダイビングの疲れは残っている。
・ダイビングをする意欲が不十分。
セルフダイビングの場合
こちらのページにお守りいただく内容を記載しています。

保険期間1年間のPADIダイバーズ保険は、カメラ派ダイバーに嬉しいカメラ水没事故の補償もついています。
BuddyDiveが紹介している各種保険はこちらでご確認いただけます、またセルフダイビングの予約はこちらでも可能です。

DANメディカルチェック/DANメディカルチェックガイドラインはこちら。
1年間有効なDANジャパンの会員には「遭難対策費用」が自動的に付加されています。さらに減圧症対応などのDANの医療ネットワークの利用や海外での事故にも対応しています。

2018 8月

1
2
3
4
5
  • OWD
6
7
  • 東京店定休日
8
9
10
  • ドルフィンスイムツアー
  • ダイブマスター合宿コース
11
  • ドルフィンスイムツアー
  • ダイブマスター合宿コース
12
  • ドルフィンスイムツアー
  • ダイブマスター合宿コース
13
  • ダイブマスター合宿コース
14
  • ダイブマスター合宿コース
  • 東京店定休日
15
  • ダイブマスター合宿コース
  • OWD
  • 東京店定休日
16
  • ダイブマスター合宿コース
  • OWD
17
  • OWD
  • ドルフィンスイムツアー
18
  • ドルフィンスイムツアー
  • 沈船ナイト
19
  • ドルフィンスイムツアー
20
21
  • 東京店定休日
22
23
24
  • 伊豆大島ツアー
25
  • 伊豆大島ツアー
26
  • 伊豆大島ツアー
  • 黄金崎ツアー
27
28
  • 東京店定休日
29
30
31