伊豆ダイビングカレッジ株式会社

PADI ダイブマスター | 必要教材について

LINEで質問 お問い合わせ・ご予約

ダイブマスター受講の前に知っておこう!

ダイブマスター受講の前に知っておこう!

2022/08/02

プロフェッショナルダイバーの初めの一歩、ダイブマスターコースを検討されるダイバーの皆様へ、最低限知っておいていただきたいことを紹介いたします。

必要な教材
ダイブマスターコースで最低限必要な教材は以下の通りです
• PADI ダイブマスターマニュアルまたはダイブマスター eLearning
• PADI インストラクターマニュアル
• RDP – テーブルおよびeRDPmlと使用説明書
 • エンサイクロペディア・オブ・レクリエーショナル・ダイビング
 • ダイブマスタースレート
• ログブック ダイブマスター候補生はPADI ダイブマスタービデオを見なければならない。
参加前資格
• PADI アドバンスおよびPADI レスキュー認定
• 18歳以上
• ログに記録されたダイブ本数40本 
• 過去24ヶ月以内にEFR トレーニングを修了
• 過去12ヶ月以内に医師による健康診断を受け、ダイビング 許可を得た書類の提出。

特に必要教材は知っておくべきです、表に記載されたものは最低限です、インストラクターによってはほかの推奨教材があるかもしれません。
また、受講を決めたのであればダイブマスターコースは、、、、

自分の講習内容を確認できるのがダイブマスターコースなのです

必須教材にインストラクターマニュアルがあるため、事前学習の時点で講習に必要な事柄や採点基準などが明記されています、実技講習前や実技実施後の振り返りなどダイブマスター候補生にとって必要な内容を常に予習、復習、確認しながら受講されるのがよいでしょう。

ダイブマスターコースはトレーニング記録がありますので、受講前に一体どんな内容を実施するのか知りたい方は、PDFでご覧ください。

プロコースはわかりにくい部分が多いのではないでしょうか?
講習内容や条件などダイブマスターコースのことをお知りになりたい方はお気軽にご相談ください。

 

しっかりとダイビングのリーダーになるために

正しく教わることが大切です

稲取マリンスポーツセンターはこれまで多くのダイブマスターを認定してまいりました、経験を活かし、自信をもってダイブマスターとして活躍していただけるようにサポートいたします。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。